名探偵コナン

緋色の弾丸の凄腕スナイパー!赤井秀一の狙撃の経歴やライフルについて調査!

4月16日に公開され、すでに大ヒットとなっている映画「名探偵コナン 緋色の弾丸」。

本作でメインとなる“危険な一家”赤井ファミリーの長男である赤井秀一はFBlきっての狙撃の名手です。

「緋色の弾丸」でも赤井秀一の狙撃シーンが見応えのあるものとなっています。

そこで、この記事では赤井秀一の狙撃シーンがより楽しめるように狙撃の経歴や使っているスナイパーライフルなどをご紹介していきます!

「赤井さんの狙撃ってどのくらいすごいの?」「そもそもどんなライフルを使ってるんだろう?」と気になっている方に楽しんでいただける記事です。

ぜひ最後まで読んでいただけますと幸いです。

スポンサーリンク

凄腕スナイパー赤井秀一の狙撃の経歴

異様なほどの頭のキレ、非常に優秀なスナイパーである赤井秀一は、黒の組織から”シルバーブレット(銀の弾丸)”と恐れられています。

これまでのアニメや映画の中の登場シーンでは、狙撃する場面がありました。

それでは、赤井秀一の狙撃の活躍を振り返っていきましょう。

「黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー」

ベルモットを確保しようとしてジョディだったが、予想外の灰原哀の登場で追い詰められてしまいます。

そこで黒の組織のカルバドスの両足を折り、現れた赤井秀一。

ベルモットの動きから防弾ジャケットやパットを重ねて装着していると判断し、発泡します。

その後ベルモットには逃げられたが、あばらを2、3本折り、重傷を負わせることができました。

瞬時で判断することができ、赤井秀一の登場がなければ、状況を突破することができなかったでしょう。

赤井秀一の頭のキレ、そして瞬時の行動力がとてもわかる回でした。

    (アニメ345話、単行本42巻)

映画「異次元の狙撃手(スナイパー)」

沖矢昴として登場し、コナンとは別行動で事件の真相に辿り着き、長距離の狙撃で犯人確保に貢献します。

その後のFBIジェイムズからの連絡に、赤井秀一の声で「了解」と答え、はっきりと赤井秀一が沖矢昴だということがわかりました。

遠く離れたタワーにいる犯人の手元に命中させ、銃を吹き飛ばす様はまさに”異次元”でした。

「緋色シリーズ」

組織によるキール奪還作戦の後、キールによって暗殺されたとはずだった赤井秀一。

しかし、赤井の死は偽造で組織を出し抜くためのものでありました。

赤井の死が偽造だと気づいた公安警察の降谷零は、沖矢昴を訪ねます。

同じ頃、FBIのジョディとキャメルが車に追いかけられピンチになっていた時、後部座席から赤井秀一が登場。

タイヤのエアが漏れ不安定な運転の中、追いかけてくる車のタイヤに命中させ、無事カーチェイスにケリをつけることができました。

不安定な中でもターゲットに命中することができ、赤井秀一の復活がはっきりと描かれているシーンで、因縁の関係である降谷零との会話も印象的な回でした。
(アニメ779〜783話、単行本84巻85巻)

映画「純黒の悪夢(ナイトメア)」

公安警察に忍び込んだ黒の組織のキュラソーが記憶喪失。

キュラソーの記憶を取り戻そうと観覧車に入り込む降谷零と対峙し激しく乱闘した後、コナンと合流。

コナンが蹴り上げた花火サッカーボールの一瞬の光で、黒の組織のオスプレイのローター部分を見事狙撃して撃ち落とします。

アニメでも映画でも数々の狙撃シーンを見せてきた赤井秀一。

瞬時の判断や不安定な状況の中でも風を読み狙撃する赤井秀一の存在は、黒の組織の真相を暴くためには必要不可欠だと分かります。

【緋色の弾丸】では、赤井家が勢ぞろいして有名となっている作品です。もっと、【緋色の弾丸】楽しみたい方はこちらをチェック!⇒緋色の弾丸で世良真純とメアリーはコナンの正体に気付いたのか?関係なども復習!

スポンサーリンク

赤井秀一のスナイパーライフル

遠く離れた場所からもターゲットに命中させる赤井秀一のスナイパーライフルとはどういったものなのか、何か特別なものなのか、とても気になりますよね。

ではさっそく赤井秀一が使っているスナイパーライフルについて見ていきたいと思います。

 

赤井秀一が使っているライフルは「L 96A1」

イギリスのアキュラシー・インターナショナル(Accuracy International)社が開発したボルトアクション式の狙撃銃です。

「L 96A1」はイギリス軍の狙撃銃トライアルに提出され、最も命中精度が高いと評価され、イギリス軍の制式採用狙撃銃に見事選定されることとなりました。

全長は1,158mm、重量6,500gで、装弾数は5発〜10発です。

このライフルは「名探偵コナン」以外にも「S-最後の警官-」や「バイオハザードⅡ アポカリプス」、「暗殺教室」など、多くのドラマや映画、アニメ作品にも登場し、有名です。

ライフルの値段

引用:東京マルイ公式アカウント

赤井秀一が使っているアキュラシー・インターナショナル社の「L 96」をリアルに再現したエアーライフルは、25,980円

東京マルイのVSRの上級モデルとして設計・製作されたモデルで、金属パーツを多用したフレームによる高い強度による集弾性の高さや、実銃同様の位置に配置されたボックスマガジンによるリアルな再現性と使いやすさの向上が売りです。

「L 96」のモデルは、18歳以上の方のみの購入となりますのでご注意ください。

ライフルスコープ

ライフルスコープとは、簡単に言えば小さな望遠鏡のようなもので、遠くにあるものを近くにあるかのように見せるものです。

「L 96A1」とともにイギリス軍の狙撃銃に採用されたスコープは、シュミット&ベンター社製の6×42スコープです。

スポンサーリンク

700ヤード離れた場所からの狙撃

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆきこ(@yukiko8853)がシェアした投稿


赤井秀一が特に凄腕の狙撃を見せたのは「ブラックインパクト!組織の手が届く瞬間」での場面です。

単行本では48巻、49巻に収録、テレビアニメでは第425話として、2時間半スペシャルとして放送されました。

あらすじ

小五郎は日売テレビで収録された番組にゲスト出演後、アナウンサーの水無怜奈と知り合い、ピンポンダッシュの相談を受ける。

調査のために怜奈の自宅へ仕掛けておいた盗聴器から黒の組織のボスが使う「七つの子」のメロディーが聞こえてくる。

そして、怜奈の電話の会話を聞いたコナンは怜奈が黒の組織の仲間と判断。

盗聴器と発信機が見つかれば、小五郎が取り付けたと疑われ危険が及ぶため、コナンは気付かれる前に盗聴器を回収しようと考える。

黒の組織が暗殺計画を立てている事が明らかに。

FBIと協力して先回りして暗殺を止めようとするがーーー。

ジンは小五郎とシェリーには繋がりがあると睨み、シェリーとの関係について聞き出そうとするが、小五郎はラジオで聞いていただけなので当然ながら返事なぞ返ってこない。

ジンが猶予として小五郎に10秒与えていたその時、ようやくコナンが到着しボールを事務所の窓にぶつけ、ライフルの狙いを逸らされる。

その後のコナンと小五郎のやりとりから小五郎はシロだと断言するベルモットだったが、ジンは構わずコナンもろとも小五郎を殺せと命令。

突如後方から銃弾が飛んで来てその盗聴器を粉々に砕かれる。

後方には700ヤードほど離れたビルの屋上にライフルを構えた赤井の姿。

ジンは数発の弾丸を撃ち込まれ、左頬などを負傷。
その後ジンは仲間に撤収命令を下し、足早にその場から立ち去っていく。

赤井秀一は微笑みながら、スコープ越しにジンを狙いこう呟きます。

「やっと会えたな…
愛しい愛しい…宿敵(こいびと)さん?」

この名言はコナンファンの中でもとても有名で、狙った獲物は必ず落とす、赤井秀一の人となりがよく分かります。

スポンサーリンク

700ヤードってどのくらい?

700ヤードほど離れたビルから狙撃した赤井秀一。

では、700ヤードとはいったいどのくらいの距離なのでしょうか?

 

1ヤードは0.9144m(約90㎝)です。

700ヤードは約640mとなります。

貫通力もあり、遠い場所からの狙撃にも向いている「L 96A1」を使っているとしても、撃ち抜いたのはジンの持っていたとても小さな盗聴器。

赤井秀一はいかに有能なスナイパーであるか分かるシーンです。

スポンサーリンク

名探偵コナンの赤井秀一とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

AIRI_1010(@natume1006)がシェアした投稿

名探偵コナンの赤井秀一とは、FBIに所属している凄腕の捜査官です。赤井秀一の人気は凄く主人公でもあるコナンでもある、工藤新一を凌ぐほどと言われています。

潜入していた、黒の組織に殺されたとなっていますが大学生でもある沖矢昴に変装して生活をしています。

頭の回転は速く、かなりの切れ者とされており身体能力は高くFBIにいたので狙撃の腕は素晴らしいの一言。

黒いニット帽から出ている甘いマスクがかっこよく好印象です。

スポンサーリンク

まとめ

今回は赤井秀一の狙撃シーンについてご紹介してきました。

赤井秀一の狙撃シーンは何度見ても興奮度が高まります!

映画を見に行く前に、アニメや映画で赤井秀一の凄腕を復習してから行くとさらに楽しめます。

そして、映画「緋色の弾丸」でも狙撃シーンのカッコ良さに胸が打たれます!

大迫力な狙撃シーンを臨場感たっぷりで味わいたい方は、映画館の大画面で見るのがオススメです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
error: Content is protected !!