呪術廻戦

【呪術廻戦】夜蛾正道の強さはどのくらい?術式や黒幕疑惑は?

夜蛾正道の強さはどのくらい?

術式や黒幕疑惑は?週刊少年ジャンプで連載中の大人気漫画『呪術廻戦』。

原作では息つく暇もないほどの展開と盛り上がりを見せています!

冬には映画化も決定しており、今から待ち遠しいですね。

今回はそんな呪術廻戦から、東京校学長である夜蛾正道についてご紹介します。

いかつい見た目に、かわいらしい呪骸を操る夜蛾正道は、一体どれほどの強さを持つのでしょうか?

夜蛾正道の術式や領域展開、戦闘スタイルや囁かれている黒幕疑惑まで、詳しくお伝えします!

スポンサーリンク

【呪術廻戦】夜蛾正道の強さ

結論から言うと、夜蛾正道は強いです。

等級は一級呪術師ですが、その力は特級にも匹敵するほどだと思われます。

というのも、夜蛾は以前に特級認定されていたことが、原作で明らかになっています。

認定理由は、自立型の呪骸=パンダを造り出したことが要因です。

自立して戦う呪骸を大量に造り出せば、夜蛾が独自に呪骸軍隊を持ち、多大な力を有する可能性があります。

危険を感じた上層部が、特級認定することで夜蛾を監視下に置きましたが、パンダは突然変異であり、偶然に生み出された呪骸だということで、認定解除に至ったようです。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】夜蛾正道の術式と領域展開

特級認定もされていた夜蛾正道。

強さや能力が特級レベルであることが分かりましたが、術式や戦闘スタイルはどんなものなのでしょうか?

ここからは、夜蛾学長の持つ強さを、ひとつずつ詳しく解説していきます!

夜蛾正道の術式

夜蛾正道が用いる術式は、『傀儡操術(かいらいそうじゅつ)』です。

夜蛾は、傀儡呪術学(かいらいじゅじゅつがく)の第一人者として知られます。

傀儡呪術とは、呪骸(じゅがい)と呼ばれる、呪力を込めた人形を操る術式のことを言います。

呪力で動く人形というと、とても怖そうな見た目を想像しますが、夜蛾正道が作る人形はこんなにかわいらしいんです。

作り出された呪骸は、感情や痛覚を持っていないため、相手の攻撃に怯えることがありません。

2年生であるパンダも、夜蛾が作り出した呪骸ですが、パンダに関しては突然変異の呪骸です。

パンダは通常の呪骸と異なり、意思や感情が宿っており、自分で考え自立した行動をします。

冷静な判断や、相手を思いやる言動、気遣いなどに長けていて、2年生組ではいちばん大人っぽいかもしれません。

呪術界では、常に呪術師の人手不足に悩まされているために、自立して行動できるパンダのような呪骸がもっと現れれば助かるかもしれませんよね。

夜蛾正道の領域展開

今のところでは、夜蛾正道が領域展開を使う様子は確認できていません

もしかすると使用できるのかもしれませんが、まだ不確定要素です。

夜蛾正道の能力

夜蛾学長といえば、初登場シーンで虎杖が夜蛾を見て言った台詞、「オッサンがカワイイを作っている!!」が印象的ですよね。

大きな手を器用に使い、呪骸の器となる人形を作っていました。

夜蛾学長の作る人形たちは、どれもかわいい見た目をしていますが、本人曰く、かわいく作ろうとしているのではなく、自然とかわいくなってしまうのだそう。

そのかわいい人形に呪力を込め、呪骸を造り出し戦います。

呪骸は、内側に宿された「核」を破壊するまでは行動可能です。

傀儡操術による術式は、特にその場で命令を下さずとも、込めた呪いによって行動を起こします。

攻撃に特化したものや防御に徹するものなど、おそらく夜蛾が込めた呪力によって異なると思われます。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】夜蛾正道の戦闘スタイル

夜蛾正道は、生み出した呪骸を傍に置いて戦います。

傀儡呪術学によって作り出した呪骸を用いれば、術者はダメージを受けずに戦闘できるのです。

例えば、虎杖の入学面接で使われた「キャシィ」ですが、虎杖が殴っても呪骸なのでダメージはゼロでしたし、呪骸と夜蛾のダメージが連動することもありませんでした。

ただし弱点として、呪骸を連れていない限りは丸腰で戦う事態になります。

不意を突かれて、呪骸を置いていないときに攻撃されると、圧倒的に不利になるでしょう。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】夜蛾正道とは

夜蛾正道プロフィール

  • 所属:東京都立呪術高等専門学校 学長
  • 等級:一級呪術師
  • 年齢:47歳
  • 趣味:グラサン集め、カワイイもの
  • 好きな食べ物:いぶりがっこ
  • 嫌いな食べ物:甘い酒

夜蛾正道というキャラクターの最大の魅力といえば、生徒を思う教育観でしょう。

虎杖の入学面接では、呪術高専へ入学する理由を、荒々しい手段も使いながら問い正しています。

しかしこれは、入学後に陰惨な現場や死に直面し、呪術師としての覚悟や意思が揺らぐであろう瞬間に、呪術師になる動機や根本的な原動力が強くなければならないからです。

動機が弱い者は、呪術師になって、いざ自分が死に近づいた場面で、誰かのせいにしてしまうでしょう。

自分の大切な人や好きな人を呪うことにもなりかねないので、こうして厳しい面接をして、生徒に「気付き」を与えているんですね。

生徒を思いやる教育者として、とても魅力的なキャラクターです。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】夜蛾正道は黒幕?内通者?

熱い教育観を持つ夜蛾学長、実は黒幕である疑惑や内通者ではないか?という声が上がっているようです。

原作9巻で浮上した内通者についてですが、「1人は学生、もう1人は学長以上で、内通者は全2名」と調査報告がされています。

学長以上』という条件を見ると、東京校の夜蛾と京都校の楽巌寺嘉伸を思い浮かべてしまいますよね。

ですが、ここまでの原作の流れから判断すると、夜蛾が黒幕である可能性は極めて低く、杞憂と思われます。

理由としては、五条が疑わず信頼している点や、生徒への愛情が強い点などが挙げられます。

夜蛾の一見不審に見えるような行動も、ミスリードではないかと考えられます。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】夜蛾正道を演じている声優は?

さて、魅力たっぷりの夜蛾学長ですが、アニメではどんな方がキャラクターを演じられているのでしょう?

夜蛾正道をアニメで演じている声優は、黒田崇矢さんです。

『龍が如く』の桐生一馬役や、『ヒプノシスマイク』の天谷奴零役で知られています。

俳優として活動していましたが、2000年から声優活動に転換し、活躍されています。

黒田さんのトレードマークであるサングラスは、弱視を持っているために着用しているそうです。

渋くて深みがある、大人の色気を持った声が魅力的で、夜蛾学長にぴったりですよね。

夜蛾学長に負けず劣らず、黒田さん自身もダンディな方で素敵ですね。

ちなみに、キャラクターラッププロジェクトの『ヒプノシスマイク』では、ステージでラップを披露するかっこいい黒田さんの姿を見ることができます!

スポンサーリンク

【呪術廻戦】夜蛾正道の強さはどのくらい?術式や黒幕疑惑は?まとめ

今回は、夜蛾正道の強さや術式、能力や戦闘スタイル、黒幕疑惑の真相や、アニメでの声優についてお伝えしてきました!

一度見たらなかなか忘れられない屈強なルックスですが、その内には生徒を思う優しさが秘められています。

公式ファンブックではバツイチとも明かされており、夜蛾の過去が気になるところです。

今後の活躍や、過去が明かされることへ期待しつつ、さらに呪術廻戦を楽しんでいきましょう!

最後までお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!