MENU
SixTONES

ストーンズの結成日はいつ?結成秘話からデビューまで秘密のエピソードが熱い!

ストーンズ(SixTONES)が、2020年にデビューしました。

メンバーがデビュー前から結成されていたのか?それともデビュー後からの付き合いなのか気になりますよね?

そこで今回は、ストーンズ(SixTONES)の結成日から結成秘話、デビュー日方ストーンズ(SixTONES)の名前の由来についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

ストーンズ(SixTONES)の結成日は?

スト-ンズの結成日は2015年5月1日になります。

『ジャニーズ銀座2015』で発表がありました。

当時、京本大我さんを除く5人が出演しており、昼の部で合流その際に正式発表されたようです。

発表された当時は、シックスストーンズ(SIXTONES)でした。

スポンサーリンク

ストーンズ(SixTONES)デビュー日

2019年末となり、Snow Manと2020年にデビュー日が決定!

何と、デビュー曲はX JAPANのYOSHIKIさんが手掛けることとなり有名になりましたね♪

話題の一曲となったその曲『IMITATION RAIN』はYOSHIKIさんらしいロックバラード曲ですが、ストーンズ(SixTONES)は彼らなりの歌声やパフォーマンスでYOSHIKIさんの手掛けた楽曲を大事に扱い、繊細なパフォーマンスと共に歌っています。

前作も去ることながら、より洗練され綺麗になったパフォーマンスには努力を感じざるを得ません。

スポンサーリンク

ストーンズ(SixTONES)名前の由来は?


もちろん、名付け親は、ジャニーさん。

シックスストーンズ(SIXTONES)の意味は、『原石』と『音の6原色』が合わさった意味だそうです。

次の日に、メンバーからスト-ンズにかえて下さいとお願いをし、シックスストーンズ(SIXTONES)から、ストーンズ(SixTONES)に変わったそうです。

ちなみに英語表記では、IX(大文字)からix(小文字)へと変わっています。

スポンサーリンク

ストーンズ(SixTONES)になった経緯

これは2012年放送の「私立バカレア高校」というドラマに、ストーンズ(SixTONES)メンバーが全員出演しており、年齢も近いこともあってか6人とも仲が良くファンの方々からは「バカレア組」と呼ぶ程になっていたそうです。

ジェシーは、この6人でまた何かしたいと思っていたようで、その後2015年、『ザ・少年倶楽部』で、ストーンズ(SixTONES)のメンバーが再会し、ジャニーズJr.にて正式にストーンズ(SixTONES)として活動していくことになりました。

まだ10代のころから知っていて仲が良いメンバーたちが集まり、ユニット活動していくにつれて絆が深まっており、ジャニーズの中でも仲の良いユニットと言われるようになりました。

メジャーデビューをして今の良い関係が壊れないか不安だと語っていたのですが、現在も公式インスタグラムやYOUTUBEでも仲の良い姿を見ることができますよ!

スポンサーリンク

ストーンズ(SixTONES)のパフォーマンス

恐らく初めて目に留まった楽曲は、「JAPONICASTYLE」ではないでしょうか?

2018年にストーンズ(SixTONES)のオリジナル曲として発表されたこの曲は和と洋が混じった綺麗な旋律と扇子を用いたパフォーマンスと楽曲が美しく、一気に注目を集めることとなりました。

滝沢秀明さんがこの扇子などを使ったプロデュースを手掛けたことでも話題になりましたね。

その後、早くメジャーデビューを!と待ち望むファンの声が多く聞かれるようになりデビュー前に「JAPONICA STYLE」をリリースしています。

パフォーマンスも表現力も歌唱力も素晴らしいです。映像も一つ一つ美しいものです。

この時は、まだデビュー前というのが信じられません。

スポンサーリンク

まとめ

その後も新曲を発表するにつれ、タイアップ等で使われるようになり一層彼らの音楽が届く機会が増えたかと思います!

その他の曲も聞いたことがある曲があるかもしれません。

一部の曲は公式YOUTUBEにもアップされているので、是非聴いてみて下さい。

個性的なメンバーの動画などもありますので、楽曲以外でも楽しそうな彼らの姿を見ていただけるかと思います。

そしてようやく紅白歌合戦出場も決まりました!是非一緒にテレビの向こうから楽しみましょう!

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!