2021ドラマ

レッドアイズ1話の感想とネタバレ!伏見響介の過去に涙、面白いの声が殺到!

レッドアイズ監視捜査班とは1月23日から始まっている刑事物のドラマです。

ドラマ好きならこの最新の刑事ドラマが本当に面白いのかどうか、気になりますよね。

開始したばかりのレッドアイズ監視捜査班のネタバレを含む解説も行っていきますのでそれも含めてご視聴がまだの人は参考にしていただければと思います。

ネタバレが問題ないという人はレッドアイズ監視捜査班が自分が見たい作品かどうかを是非確認していってください。

スポンサーリンク

レッドアイズ1話のゲスト

引用元:公式ホームページ

レッドアイズ監視捜査班1話にはラッパーの輸入道さんがゲストとして出演されています。

あまり登場シーンは長くありませんでしたが懲戒免職処分になった原因のアリバイがある容疑者として出ているんですね。

他にもお笑いタレントのミスターちんさんが犯人に協力していた警備の岩槻光哉を担当していたり、女優の藤井武美さんも被害者の深井彩音として出演されています。

今回は人気ラッパーの輪入道さんを紹介させていただきます。

輪入道

輪入道さんはレギュラー冠番組を持った経験もあり、多くのMCバトルイベントにて優勝しています。

テレビ朝日のフリースタイルダンジョンでレギュラー出演しているのでテレビ朝日をよく見ている人なら知っていますよね。

輪入道さんの活躍するジャンルはフリースタイルと言い、その場で作ったラップを披露するという常人には少しばかり真似しづらい物です。

ラッパーといえば陽気で明るいイメージがあると思いますが輪入道さんは自分の過去の暗い部分なども公開しており、そういった部分も人を惹きつける一因だと思います。

本人曰く地獄の小学時代を抜け、中学で初めてラップに触れ高校で学業を捨ててまでラップに情熱を注いでいました。

刑事ドラマでは彼のラップは活かされることはないと思いますがもし興味があれば是非確認してみてください。

スポンサーリンク

レッドアイズ監視捜査班 1話のネタバレ

【引用元】日テレ公式チャンネル

主人公の伏見響介はショッピングモールにいた。

婚約指輪のサプライズを用意し、婚約者の結城美保にプロポーズするつもりで待ち合わせ場所で待ち続ける。

そんな彼に結城美保から電話がかかってきて、内容は襲われたから助けてくれというものだった。

電話映像から彼女の居場所を推測し、駆け出した彼は埠頭の倉庫に辿り着き彼女が隠れている倉庫を探す。

しかし時すでに遅く、彼が電話越しに聞き取った音は結城美保が致命傷を負った物だった。

この事件が原因で有望な刑事だった伏見はアリバイがあり結城美保殺害に関与していないと思われる容疑者に手を出し懲戒免職処分となる。

伏見響介、神奈川県警捜査分析センターに


【引用元】日テレ公式チャンネル

事件から三年が経ち、伏見響介は元犯罪者と探偵事務所を立ち上げておりそのメンバーである湊川由美子と浮気調査を行っていた。

トラブルもあったが無事調査を終えたところで発足されたばかりの神奈川県警捜査分析センター、通称KSBCの長である島原由梨が現れ、優秀な人材としてKSBCに誘われる事になる。

KSBCとはプライバシー侵害の恐れがあるリアルタイムカメラ映像を事件解決の手掛かりにする為の組織で失敗は許されないと島原も認識していた。

自身の能力を買われた伏見は条件付きで承諾し、その条件とは元犯罪者で構成される探偵事務所メンバーと共に参加することだった。

KSBC初の事件発生


【引用元】日テレ公式チャンネル

そんな時、誘拐事件が発生し監視カメラ映像から現場を目撃する一同。

詐欺罪で過去に逮捕された経験のある山崎はテッドバンディだと言い、その模倣犯である、初めての犯行ではないことを突き止める。

過去に同様の事件があったことが発覚し、伏見がカメラ映像で被害者がスニーカーを履いていることから車を移動に使ったことに加え、被害者の車を特定する。

被害者の名前は深井彩音、彼女の普段のバイトまで特定したところでSNSから犯人を発見し、更には7時に殺人配信が行われると発覚し、7時までに犯人を捕まえる必要がある。

過去に殺人を犯した湊川と伏見が外の駐車場に向かった段階で、残された時間は約2時間程度しか存在しなかった。

多数大手会社のハッキング、防衛省サーバー不正侵入の過去を持つ小牧が被害者が1人ではないと知った段階ではもう既に残り1時間を切っており彼らはある不審者に辿り着く。

それは事件を通報したはずの警備の岩槻光哉で彼は事情聴取後ずっと行方が掴めずにいた。

残り15分となったところでライブが始まり、2人の被害者が拘束されている画面が映し出される。

その映像からホテル室内だと判明し、駆け付けた伏見と湊川は青いコートにお面を被った犯人と対面し伏見は腕の傷を見て3年前の犯人にも腕の傷があったことを思い出す。

彼は犯人を逮捕したが、傷の大きさから結城美保殺害犯ではないと判断し、更に犯人を見つける決意を固めていく。

スポンサーリンク

レッドアイズに対する感想

女性 50代
女性 50代
伏見が犯人を追い詰めていく流れに緊張感たっぷりです。伏見の抱える強い怒りや癒えない悲しみ、苦しみが伝わってくる表情が印象的ですね。由美子たち伏見を支えるメンバーの事情にも、重いものがありそう。それぞれかなり優秀で気持ちも良さそうですが、過去に何があったのか。彼らや新たな職場での面々との連携が見ごたえあります。過去の事件の犯人とは一体何者なのか、恐ろしい闇が見え隠れしているようなラストにゾワッとしました。
女性 40代
女性 40代
恋人を殺された警察官が、復讐のため犯人を追うという、ありきたりなストーリーですが、残忍な犯人が一体何者なのか気になるドラマでした。主役の亀梨君は、このような復讐ドラマに今までもよく出ているので、これからのストーリー展開で、今までとは違うな、と思える要素がでてくるといいなと思います。真犯人と思わしき人物が、仲間を募っているのか、他人に殺人をさせているようなので、真犯人にたどりつくのがまだまだ大変そうですが、次回が楽しみです。
女性 50代
女性 50代
各分野のスペシャリストが集まって事件を解決していくというストーリーはさほど目新しいものではないかと思いますが、前科のある人達が警察で活躍するというのはとても面白い設定だと思います。主人公の亀梨和也演じる伏見響介も問題を起こして警察を辞めたというだけではなく婚約者を殺されたという過去を持ち、その犯人を今でも追っていると言う点に正義感だけではなく人間らしい部分が垣間見られるのではないかと思い今後の展開も楽しみです。
女性 30代
女性 30代
亀梨和也さんが久々に日テレのドラマに主演されるということでとても楽しみにしていました。
亀梨さん演じる主人公が、監視カメラを使用した捜査で、様々な事件を解決していく物語で、今までの刑事系のドラマにはない、新しい内容になっていてとてもおもしろかったです。アクションシーンがとても豊富で、とてもかっこよく、見応えがありました。第一話の中でも伏線が多数あり、これから毎週続きを見るのがとても楽しみになりました。
50代
50代
とにかく、豪華すぎるキャスティングに、めちゃめちゃ驚愕しました。ビジュアル最高でした。伏見響介を演じる亀梨和也さんは、もちろんなのですが、湊川由美子を演じるシシド・カフカさんの、革ジャンのつなぎ姿には惚れ惚れしました。めちゃめちゃ格好良いですよね。そして、長篠文香を演じる趣里さんの存在感には、圧倒されました。その中で、一番インパクトがあったのは、響介のニーチェの言葉を使ったセリフ、「怪物と戦うには、自らが怪物と化さぬよう心せよ!。」でした。それと、やはり響介の眼の動き・変化・そしてキレッキレのアクションにも魅了されました。ワクワク感で一杯です。
50代
50代
目の前で恋人を殺された伏見の無念感に物凄く胸が痛みました。あの時、助けられていれば殺されていなければ結婚して子供が居て幸せな人生を歩んでいたはずなのに恋人を殺した犯人を
探す人生に一瞬で変わってしまう恐怖感と理不尽さ。そしてあの事件と同じように腕に傷を付けて青いコートを着た別の犯人を用意して殺人風景を動画サイトに流し伏見を嘲笑っている恋人を殺した本物の犯人にすごく胸糞悪くなりました。ドラマ自体は物凄く面白かったので誰が凶悪犯なのか気になる終わり方でした。
60代
60代
全編通して漂うダークな雰囲気が未知の犯人の薄気味悪さを際立たせるようです。伏見のいた探偵事務所の面々は脛に傷持つ者ばかりですが興味深い顔ばかり。シシド・カフカが元自衛官でシングルマザーとは新鮮な設定でどんな母の顔を
見せてくれるか楽しみです。大学教授・山崎は頭の中にある膨大な犯罪記憶を精査して的確な判断を下しますが、頼りがいがありこんなに格好いい木村祐一は初めてです。KSBCのメンバーがすでに把握されているようなラストシーンを見ると伏見の婚約者が襲われたのは偶然ではなさそう。大きな陰謀が隠れていそうで先が楽しみです。
40代
40代
冒頭から主人公・伏見響介の婚約者が事件に巻き込まれる展開となり見せ場となりました。婚約者を失った響介が何故警察を辞めることになったのかも流れの中に組み込むなど工夫されたストーリーはうまいと感じます。最新技術を駆使した捜査がこれまでの警察ドラマとは明らかに違い見ていてワクワクする設定です。更に登場人物も癖のある人ばかりでストーリーが進むに連れて様々な事実が明らかになることでしょう。テンポ良く進むので見やすいドラマです。ハードな内容できつい描写もありそうですが、見所は多いので今後も注目していきます。

 

スポンサーリンク

まとめ

1月23日から始まるレッドアイズ監視捜査班ですが元犯罪者で構成される探偵事務所メンバーが失敗が許されない警察組織の一部に参加するという中々面白い展開でしたね。

特に亀梨和也さんの演じる伏見というキャラクターが作品を良い方向に引っ張ってくれていて彼の復讐の結末はやはり気になりますよね?

他にも時間ギリギリの緊張感が物語を素早く進めているにも関わらず濃密なストーリーにしてくれているので長いはずの時間がとても短いように思えました。

序盤の優しかった伏見と復讐を心に誓ったある種の絶望を抱えた伏見、その違いに注目して是非確認してみてください。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!