2021ドラマ

レッドアイズでラッパー縛りをしている理由は?今後のドラマへの出演予想!

日本テレビで毎週土曜夜10時から放送されている『レッドアイズ』。毎回、犯人役にはラッパーの人たちが出演されており話題となっております。

大人気ラッパーのKEN THE 390さんが出演する事からかなり謎が深まりますよね!

これまで、1~6話の中に必ずラッパーの方々が出演しているのですが最終話までラッパーが出演するのでしょうか?

レッドアイズ青いコートの男の正体は?」こちらで、青いコートの男について内容をまとめています。

スポンサーリンク

レッドアイズでラッパー縛りの理由は?

ネットでも話題になっていますが、ラッパー縛りの理由は公表されていませんでした。

ネット上でも話題となっているようです。

普段、見れない姿に喜ばれる方から「謎のラッパー縛り」に困惑している方までいろんな方の意見がありました。

スタッフ陣の戦力なのか?と思われますが、公に公表はされていない事から意図的な物なのか分からないといった状態です。

個人的な意見ですが、伏見の彼女の命を奪ったのは、青いコートを着た人気ラッパーの誰かだと思います。

最終話にも、なんらかの形で出演することは間違いないでしょう!

スポンサーリンク

レッドアイズへの今後出演予想

レッドアイズへのラッパー縛りが話題となっていますが、今後は誰が出演するのでしょうか?考察していきます!

レッドアイズ出演予想

  • 田中樹
  • R指定
  • Mummy-D
  • From千葉サイコラッパー兄弟
  • AK-69
  • ZEEBRA

トップラッパーの名前がちらほら出ていました!今の所、青いコートの男は鳥羽でしたが伏見の彼女を殺した犯人が鳥羽ではなかった場合、ラッパーが登場すると思われます。

SNSで多く名前が挙がっていたのが、「R指定」さんと「ZEEBRA」さんでした!ラッパーファンも多くいるので今後の展開が楽しみですね!

スポンサーリンク

レッドアイズに出演しているラッパーまとめ

第一話から、人気ラッパーの「般若」さんが出演している事でかなり話題になりましたね!

ラッパーは、「悪」や「黒」などのイメージが強く悪役だと更に注目が集まります。

第一話のラッパーは「輪入道」

レッドアイズ監視捜査班1話にはラッパーの「輸入道」さんです。

レギュラー冠番組を持った経験もあり、多くのMCバトルイベントにて優勝しています。

テレビ朝日のフリースタイルダンジョンでレギュラー出演しているのでテレビ朝日をよく見ている人なら知っていますよね。

輪入道さんの活躍するジャンルはフリースタイルと言い、その場で作ったラップを披露するという常人には少しばかり真似しづらい物です。

本人曰く地獄の小学時代を抜け、中学で初めてラップに触れ高校で学業を捨ててまでラップに情熱を注いでいました。

刑事ドラマでは彼のラップは活かされることはないと思いますがもし興味があれば是非確認してみてください。

輪入道さんが演じた役柄は?

あまり登場シーンは長くありませんでしたが懲戒免職処分になった原因のアリバイがある容疑者として出演しています。

本当にアリバイがあったのかは不明ですが伏見刑事が犯人への執着が分かる大事なシーンだと言えるでしょう。

>>>>レッドアイズと輪入道さんのコラボ動画はこちら>>>>>

第二話でラッパーは「般若」

レッドアイズ監視捜査班2話にはラッパーの「漆川」さんです。

般若さんは、ラッパーとして活動しながらも刑事ものなどの数々のドラマなどで演技のお仕事もされている方です。

般若さんの役柄

般若さん演じる漆川は、カップルを襲う映像をKSBCへ送りつけ、さらに監視カメラに向かってピースサインを出すなどかなり挑戦的な犯人でした。

カップルのうち女性は殺害し、男性は誘拐しました。筋トレをしながら男性に襲いかかる姿はまさに狂気的でした。

また、漆川は野球が好きだったようで、被害者の男性に野球をしようといいながら金属バットで殴りかかっていましたね。

漆川の一連の犯行を調べ、居場所を突き止めた伏見は警察たちと建物に乗り込みますが、漆川の仕掛けた爆弾で足止めを喰らいます。

この爆弾は、漆川がKSBCに送った謎の設計図の爆弾で、伏見はその後、屋上で逃亡を図る漆川と戦うことになります。

ガニ股打法でバットを構え、振り回す姿はかなりユニークなものでしたよね!

伏見へ掴みかかり首を絞めるシーンは、演じた般若さんも戸惑いがあったようです。

第三話のラッパーは呂布カルマ


第三話で出演したラッパーは、呂布「カルマ」さんです。

呂布さんはM Cバトル大会というラップバトルで何度も優勝したことがあるラッパー界では知らない人はいない有名な方です。

呂布と言えば、三国志に出てくる勇猛果敢な武将であり、実在した人物です。かつて漫画家を目指していたこともある呂布さんが、漫画蒼天航路に出てくる呂布のキャラクターを気に入ってラッパー名にしたそうです。

そんな呂布さんがレッドアイズで演じた湊川茂夫という役柄についてみていきましょう。

呂布さんが演じた役柄は?

茂夫は、KSBCメンバーの湊川由美子(シシド・カフカ)の夫であり、由美子に対して暴力を振るうD V夫です。

7年前、別れ話が原因で茂夫が、由美子に暴力を振るい息子の敢太を殺そうとします。

その時、茂夫は、追い詰められ咄嗟に敢太を助けようとした由美子に背後からあっさり包丁で刺されて殺されるのでした。

そのD Vシーンは、呂布さんの「お前と敢太を殺して俺も死んでやる」という怒声とビール瓶を割る音が呼応し、なかなか鬼気迫るものがありました。

しかも家の中でのシーンだというのに、なぜか呂布さんの髪型はジェルでガチガチに固められたオールバックで、めちゃくちゃ怖いものでしたね。普段の呂布さんはオールバックではないですから、その分余計に怖かったです。

呂布さんのコメント

呂布さんは、今回のレッドアイズ出演にあたり、「芝居は素人なので不安はある」と語りつつも、その強面な顔も悪役の雰囲気を醸し出していて、臨場感ある迫力のシーンに拍車をかけており、とても素人とは思えない迫真の演技でした。

また、「与えられた役は普段の自分のまんまみたいな役だったので自然に演じられた」とか「濃厚なベッドシーンの撮影だと勘違いしていたので、不憫です」とブラックジョークで締めくくるあたりが、並の”新人”ではない予感がしませんか?

もし次も俳優として出演されることがあるなら、YouTubeの1分動画でご本人が唄っておられるように、「スピンオフの企画に繋がる深みある芝居」をぜひ見せて頂きたいです。

>>>>レッドアイズと呂布カルマ​さんのコラボ動画はこちら>>>>>

第四話のラッパーはKZ

第四話で出演したラッパーは、「KZ」(ケージー)さんです。

KZさんは梅田サイファーという大阪を拠点とするヒップホップグループで中心となって活躍されている方です。

UMB大阪予選で優勝した実績がある人気と実力を兼ね揃えたラッパーです。

次は、そんなKZさんがレッドアイズで木留という役柄をどう演じたのかみていきましょう。

KZさんが演じた役柄は?

木留は、KSBCメンバーである山﨑(木村祐一)の息子の克巳(塩野瑛久)を覚醒剤の運び屋としてスカウトする半グレ集団のチンピラという役どころでした。

木留は登場するやいなや、覚醒剤を売り捌くためカナダに高飛びしようと自宅で荷詰めしていた克巳の彼女の優希(冨手麻妙)を探し始めます。

髭をたくわえニヤニヤと笑いながら優希を追い詰めるその姿は不気味で悪役そのものでした。

その後、風呂場の浴槽の中に隠れていた優希と目が合い「見〜つけた」とつぶやき、「ほら、こっち来い!」と彼女の髪を持って引っ張り出すシーンは、なかなかハラハラする場面で見応えがあり、KZさんは狂気的な木留を見事に演じ切っていました。

最後は、半グレ集団の元締めである神流川兄弟の弟(真壁刀義)にバールで殴られあっさり撲殺されるという衝撃の結末でした。

足をガタガタ震わせながら殺されるシーンは、ラップバトルをする時のKZさんとは程遠い弱々しさで、逆に恐怖感を煽っていました。

頭に血糊をベッタリつけ横たえ死んでいるその姿もリアルで、かなりインパクトのあるものでしたね。

KZさんのコメント

KZさんは、レッドアイズ出演のオファーを受けた際、「新しいリスナーさんと出会えるチャンスになるので、ぜひチャレンジしたい」と語っており、このコメントからも常識にとらわれず本当にやりたいことをやってみようとするKZさんのマインドが伝わってきますよね。

出演後には、「演技の底知れなさを感じました。ほんの少し入り口から覗いただけですが、すごく面白いなぁと思いました。」「また演技もチャンレンジしたい」とコメントされており、KZさんの実直な性格、新しいことに挑戦しようとする高い向上心が垣間見えたのではないでしょうか。

KZさんは普段梅田で活躍されているので、関西弁で演技するKZさんもみてみたいですね。関西弁の方が迫力ありそうですしね。

登場してから殺されるまでは、呂布さんと同じくらいの早さだったので、次回はもう少し長い演技を見てみたいです。

>>>>レッドアイズとKZさんのコラボ動画はこちら>>>>>

第五話のラッパーは崇勲

趣里さん演じる長篠文香へトラウマを背負わせた人物役を演じるのは「崇勲」さんです。

崇勲さんは、少し苦労人でリリックを書き始めたのが高校生の時、地元で第三者の唇として活動してきました。ラップバトルに影響を受けフリースタイルを練習、CHAMPIONSHIP FINALで優勝をします。

その後、アルバムを出すもさほど売れなかったそうですが、テレビ番組『フリースタイルダンジョン』で数々のトップラッパーを倒し2代目モンスターとして名を売る事となりアルバムが売れるようになったそうです。

崇勲さんが演じた役柄は?

趣里さん演じる長篠文香を高校時代にさらった犯人役として登場します。見た目は優しい事から更に恐怖を感じます。ニヤニヤするシーンではゾッとするインパクトが印象的でした。

崇勲さんのコメント

崇勲さんはコメントで「自分の名前がキャスティングにあがるという嬉しさが半分、現代の高画質なテレビ画面に自分が映って大丈夫なのかなという不安が半分、『セリフとかありませんように』と祈る気持ちも少々ありました」と語っています。初めて出演するドラマという事もあり緊張されたでしょうがとてもはまり役だったのではないでしょうか?

更に、「普段の自分とは全く違う人間になりきるというのは貴重な経験でした。想像してた以上の人数のスタッフさんが居て皆さんがそれぞれ本気で取り組んでいて、ドラマの裏側にはまたドラマがあるもんだなぁと感じました」ドラマの現場を生で感じてびっくりされたようです。

>>>>レッドアイズと崇勲さんのコラボ動画はこちら>>>>>

第六話のラッパーはKEN THE 390

松村北斗さん演じる小松要を拉致る犯人役は「KEN THE 390」です。

こちらで「レッドアイズで松村北斗を拉致したのは誰?イケメンラッパーの正体とは?」KEN THE 390さんについてお伝えしているので、一緒にご覧になってください!

スポンサーリンク

まとめ

レッドアイズは、ラッパーの縛りがるようで毎回見るのが楽しみですね!

  • 1話 輪入道
  • 2話 般若
  • 3話 呂布カルマ
  • 4話 KZ
  • 5話 崇勲
  • 6話 KEN THE 390

今後、犯人役として誰が出るのでしょうか?今後の展開にも注目ですね!

スポンサーリンク
error: Content is protected !!