2021ドラマ

レッドアイズ作中に登場する羽根マークの謎!どこに出てきた?洗脳完了のサイン?

redeyes_hane_mark

物語も後半になり、さらに盛り上がりを見せるドラマ『レッドアイズ監視捜査班』。

4話にして犯人の特徴である“青いコートの男”だと思われる人物が登場するものの、「もう犯人がわかるなんて怪しい」「黒幕はあの人?」と様々な考察でSNSが大騒ぎです。

その考察の中でも作中に登場する羽根のマークが何なのか、注目する人が増えています。

今回はレッドアイズの羽根のマークはどこに登場していたのか、また一体どんな意味があるのかについて考察していこうと思います。

スポンサーリンク

レッドアイズの羽根のマークとは?

レッドアイズの羽根マークとは、作中に度々登場する事件に関係があると思われる“しるし”です。

色々な場所や物、公式サイトにもこの羽根マークが見られるのにも関わらず、まだ本編ではほどんど触れられていません。

これまでのドラマだと、そういった犯人が残したっぽい象徴的なマークって、もっと作中で騒がれていそうですが今回はそうではありません。

その為、「あそこにもあのマークがあった!」「あれはどんな意味なの?」と視聴者は気になってしょうがないようですね。

最新話では伏見がポーチに刺繍された羽根マークに気が付き、「ついに羽根マークの謎にせまるのか!?」と視聴者の期待度がMAXになりました!

これまで羽根マークがどこにあったのか、見逃してしまった方の為にも振り返ってみましょう!

スポンサーリンク

「羽根のマーク」どこに登場した?

この羽根のマークが作中で登場したのは、以下の場面です。

第2話 爆弾が仕掛けられた犬小屋

2話で湊川を拉致した蠣崎が、湊川の監禁場所に仕掛けていった爆弾が犬小屋の上にあり、小屋の入り口付近に羽根マークが赤く描かれています。

第3話 “青いコートの男”の部屋に貼ってある島原の写真

伏見が拉致された湊川を助けに廃工場に入ると、赤い丸がついた島原の写真を発見し、蠣崎は湊川ではなく島原を狙っていたことを突き止めます。

その時の島原の写真の右下に羽根マークが描かれています。


第4話 神流川兄弟のアジトの窓

山崎の息子・克己と彼の彼女である優希を救う為、半グレ集団の神流川兄弟の弟・羊介を人質に、神流川・兄がいるアジトに向かいます。

そのアジトの窓にこの羽根マークが描かれています。

第5話 鳥羽のカウンセリングルームの壁に飾ってある

蠣崎に夫を殺害されたKSBCセンター長の島原は、上司の奥州からカウンセリングを勧められ、心理カウンセラーの鳥羽のもとに通うようになります。

その鳥羽のカウンセリングルームの壁に羽根マークが…。

第5話 長篠の兄が飛ばしていたドローン側面

過去に長篠が拉致監禁事件の被害に遭った時、犯人を殴り殺してしまった罪で裁かれたことで警察に恨みを持っていた長篠の兄は、当時事件を担当していた刑事を狙った爆破事件を起こします。

長篠に呼び出された長久手と、その現場に駆け付けた伏見の前に現れた爆破搭載ドローン。
その側面に羽根マークが入っています。

第6話 小牧が監禁されていた部屋の壁

元暴力団の瀬澤は、日本最高レベルのセキュリティーを有する「みなと貴金属」の倉庫システムをハッキングさせる為にハッカーの小牧を拉致監禁します。

その監禁部屋の壁に大きな羽根マークが描かれています。

第6話 小牧の後輩の悠香のポーチ

実は元暴力団の瀬澤と共犯だった、小牧の後輩の悠香。
その悠香の持ち物のポーチにも羽根マークがあります。

レッドアイズの公式サイト

公式サイトのトップ画

レッドアイズの公式サイトにアクセスすると、監視カメラの映像をバックにしたKSBCのメンバーがトップに出ます。

すぐに赤いポインターが出現し、監視カメラの映像の一部を指していくのですが、その指し示す先には羽根のマークが存在します。

相関図

相関図にも羽根マークが描かれています。
2月13日に相関図が更新されてからは、心理カウンセラーの鳥羽の右下に描かれています。

更新前は奥州の左下にありました。

レッドアイズ羽根マークの場所まとめ

  • 第2話 爆弾が仕掛けられた犬小屋
  • 第3話 “青いコートの男”の部屋に貼ってある島原の写真の右下
  • 第4話 神流川兄弟のアジトの窓
  • 第5話 鳥羽のカウンセリングルームの壁に飾ってある
  • 第5話 長篠の兄が飛ばしていたドローン側面
  • 第6話 小牧が監禁されていた部屋の壁
  • 第6話 小牧の後輩の悠香のポーチ
  • レッドアイズ公式サイト

羽根マーク以外にも“羽根”や”鳥”が出てくる場面が多数…

象形文字のような羽根マーク以外にも、羽根を表すものが多く出てきます。

  • 1話の青いコートの男の部屋にある羽根ペン
  • 2話で伏見が犯人がいるビルに入った時に、伏見の後ろに映ったロッカーに羽根
  • 島原の妹・塩見が務めるキッチンカーの看板に鳥のイラスト

こんなに羽根を表すものがあると、KSBCメンバーの周りは思っているより敵だらけなのではないかと不安になりますね。

スポンサーリンク

羽根のマークの意味を考察

SNSの色々な考察から、羽根マークの意味を考えてみましょう。

心理カウンセラー「鳥羽」を指している?

まずは単純に犯人の鳥羽を表しているという説。

心理カウンセラーの鳥羽は、伏見が追っている犯人の特徴である青いコートを脱ぐ様子と、同じく特徴の長い傷がある描写があったので、現時点では一連の事件の主謀者のように視聴者からは見えます。

ドラマ内で起こった犯罪の指示を行っていたのが「先生」と呼ばれる人物である為、心理カウンセラー=先生という部分も一致しています。

しかし鳥羽だから羽根マークというのは、ちょっと簡単過ぎるような気もしますね。

あえて解りやすいヒントを散りばめて、伏見達をあざ笑っているのかもしれません。

羽根マークは洗脳された証

鳥羽がカウンセリングに来た患者を洗脳し犯罪者に仕立て、「先生」として犯罪を指示しており、洗脳が完了した証として羽根マークをつけている説もあります。

小牧が6話で、犯人の行動が極端で不自然と話している通り、今までの犯人達が「先生」に洗脳されて極端な行動を起こしていることはほぼ確実で、洗脳を行っているのは鳥羽と考えるのが自然です。

なので、現時点では、洗脳された証として羽根マークをつけている、というのが有力でしょう。

また、洗脳された患者にとって羽根マークが犯罪の起爆剤になっている可能性や、“青いコートの男”が複数いることが判明しているので、洗脳された犯罪者集団のシンボルマークになっている可能性もありますね。

スポンサーリンク

羽根マークに関する気になる点

公式サイト小牧の横の羽根マーク

公式サイトのトップ画の羽根マーク、いくつか赤いポインターが指すうちの1つが小牧の横になっています。

さらにその羽根マークはクリック出来るようになっていて、マークを押すと「SEACRET」
という犯人に関すると思われる画像が流れます。

この画像は話が進むごとに変わっているらしく、本編の謎を解くヒントになっている可能性があります。

また小牧の横に羽根マークがあることから、「小牧が内通者で内部情報を流している?」「小牧が実は黒幕?」という憶測もSNSでされています。

しかし、最新話では拉致監禁された小牧がシステムをハッキングする時に、犯行が起こる場所や監禁場所のヒントをプログラムに書き込み、それをもとに伏見やKSBCのメンバーが奮闘して小牧を救出する、という小牧とKSBCの絆が分かった展開だっただけに、もし小牧が黒幕だったら視聴者のショックは計り知れないと思います。

島原が犯人になる?

羽根マークが洗脳の証だとすると、鳥羽が“青いコートの男”事件に関係していると知らずに、鳥羽のカウンセリングを受けている島原はかなり危険です。

一連の事件の犯人達は「先生」である鳥羽に洗脳されて犯行に及んでいると考えられる為、島原も洗脳されてしまう可能性があるからです。

すでに島原は鳥羽から、「自分の感情に正直になった方がいい」と助言を受けており、これは夫殺害の憎しみを増幅させて何かさせようとしているとも取れます。

島原にカウンセラーの紹介を紹介した上司の奥州もとても怪しく、2人で島原を陥れて、伏見と対峙させようとしているのかもしれません。

カウンセリングルームには羽根マークが堂々と飾ってあるので、視聴者は「早く気付いて~!」とやきもきしちゃいますよね。

羽根の向き

実は羽根マークの向きは一方向ではありません。
場面によって、上向きだったり下向きだったりします。

この方向の違いは何か関係があるのでしょうか?

最新話で監禁されていた小牧を伏見が救出した際、壁に描かれた羽根マークが伏見を刺しているかのようなシーンがあり、次回以降伏見に何かあるのではと心配する声もありました。

羽根マークではなく、矢印と言っている方もいます。
被害者を指しているのか黒幕を指しているのか、羽根マークの向きにも注目ですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回はドラマ『レッドアイズ監視捜査班』に登場する羽根マークについてお話ししました。

羽根マークは犯人が所持するものや犯行現場など、ドラマ内の様々な場面に登場し、公式サイトにも散りばめられている為、重要なサインである可能性が高い。

そして羽根マークの意味としては、鳥羽が患者を洗脳して犯罪者として仕上げた証として羽根マークを付けている、というのが現時点で有力な説です。

羽根マークを含め色々な伏線があり、非常によく出来たドラマだと思います。
これからも一転、二転、三転以上ありそうですね!

ハラハラドキドキ考察しながら次回話を待ちましょう!

スポンサーリンク
error: Content is protected !!