レッドアイズ

レッドアイズ監視捜査班のロケ地や撮影場所はどこ?横浜中心で撮影中か?

2021年1月から放送されたドラマ「レッドアイズ監視捜査班」。

レッドアイズの主演は亀梨和也さんで、小野ゆり子さんやシシド・カフカさん、趣里さんなど豪華キャスト陣が出演しています。

気になる撮影場所ですが、どこで撮影されたのでしょうか?

この記事では、レッドアイズで使われたロケ地を詳しくまとめています。

スポンサーリンク

ドラマ「レッドアイズ監視捜査班」とは?

 

亀梨和也さん演じる元刑事の主人公・伏見響介は、3年前に婚約者を何者かに殺害された過去を持っています。

事件をきっかけに刑事を退職していましたが、元上司からのオファーで「KSBC(神奈川県警捜査分析センター)」の特別捜査官になることに。

KSBCは、監視カメラと最新技術を用いた監視システムを使い、科学捜査によって犯人を追いつめるという神奈川県警だけに新設された特殊部隊でした。

KSBCに招集された天才的な頭脳を持つ元犯罪者たちと、個性溢れるメンバーで結成されたチームが、科学捜査の力を駆使して凶悪犯に迫っていく、サイバークライムサスペンスドラマです。

スポンサーリンク

ドラマ「レッドアイズ監視捜査班」第1話のロケ地・まとめ

レッドアイズ第1話のロケ地は、主に横浜市内でした!

横浜市には「横浜フィルムコミッション」という、市を挙げて制作活動を支援している企画があり、専門の課まで設けられています。

撮影協力が得られやすいことから、横浜はドラマのロケ地としてよく選ばれているのです。

また、「レッドアイズ監視捜査班」では、テロップや設定上の地名や場所で、本当に撮影しているシーンが多い印象でした。

ドラマ内の設定や表示テロップはあくまでフィクションで、実際に撮影に使われた場所は別の場所というドラマもよく見ますよね。

物語に出てくる場所と実在する場所が同じだと、ドラマでもリアリティーを感じられますね!

スポンサーリンク

ドラマ「レッドアイズ監視捜査班」第1話のロケ地

レッドアイズ監視捜査班1話のロケ地について、詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

横浜元町ショッピングストリート

横浜元町ショッピングストリートは、横浜が開港した当時に外国人御用達の店舗が集って栄えた歴史のある商店街で、観光地やロケ地としても人気の場所。

レッドアイズでは1話の冒頭部分の、伏見が商店街の中で美保からのメッセージを確認するシーンの撮影で使われました。

ちなみに、亀梨さんが立ち止まった場所はP’s-first for cats横浜元町店の前。

亀梨さん本人がロケ地周辺にあった飾りの話題を出していたとのことなので、他の店舗や路地に立ち寄った可能性もありますね!

◆所在地:〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町1-29-1

スポンサーリンク

平沼橋

平沼橋は相鉄線で有名な平沼橋駅付近にある橋で、南岸にある三石ヨコハマビルは橋と隣接しています。

こちらは美保が伏見からのメッセージを確認していた場面で出てきました。

美保は三石ヨコハマビルに背中を向けて歩いています。

また、平沼橋のガード下も「青のSP」というドラマのロケ地として使われた場所です。

◆所在地:〒220-0005 神奈川県横浜市西区3県道13号線

スポンサーリンク

日本丸メモリアルパーク

伏見が美保を待っていた待ち合わせ場所は、日本丸メモリアルパークです。

横浜を代表する景色が一望できる広場で、これまで数多くのドラマのロケ地として使われています。

「陸王」「逃げ恥」「セカムズ」「#リモラブ」などで起用されました。

同じく待ち合わせシーンで、「未満警察ミッドナイトランナー」でも中島健人さんと平野紫耀さんが待ち合わせしています。

◆所在地:〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目1-1

スポンサーリンク

山下埠頭倉庫街

山下埠頭倉庫街は、横浜ベイブリッジを臨むことができる倉庫街。

こちらもドラマやMV撮影に頻繁に使われている人気ロケ地で、「SPEC」のロケ地にも使われていました。

レッドアイズでは伏見が美保を探しに行った場所として登場します。

◆所在地:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町279

スポンサーリンク

神奈川県警察本部

作中で神奈川県警の本部の外観が映りますが、イメージではなく本物の神奈川県警察本部が使われています

その他、「監察医朝顔」「ダブルフェイス」などの刑事モノドラマでも本物の神奈川県警本部が映されています。

撮影にも協力してもらえるんですね!

◆所在地:〒231-0002 神奈川県横浜市中区海岸通2丁目4

スポンサーリンク

横浜ホテル カサデフランシア

カサデフランシアは石川町付近にあるラブホテルです。

伏見が張り込みで調査するラブホテルとして登場します。

亀梨さんは石川町クリニックというクリニックの前から、ホテル側に向かっていました。

◆所在地:〒231-0025 神奈川県横浜市中区松影町1-3-11

スポンサーリンク

ホテル アイエス

ホテルアイエスも、カサデフランシアからすぐのラブホテルです。

伏見が犯人から挟み撃ちに合い、湊川も駆けつけて乱闘するホテル街はこのアイエスの前の路地で行われたようです。

ドラマの映像では「HOTEL」のグリーンの看板だけが映り込むような形でした。

◆所在地:〒231-0025 神奈川県横浜市中区松影町1-2-5

かずさ2号公園

横浜がメインの撮影のようでしたが、千葉県木更津市にあるかずさ2号公園も撮影に使われていました。

「横浜市中区横浜中央公園・駐車場内」と紹介された深井彩音が拉致された駐車場です。

ちなみに、横浜中央公園は架空の公園です。

岩槻が監視カメラの設置場所を話す場面で長い2つの階段が映りますが、これはかずさ2号公園のシンボル的な階段ですね。

地元出身アーティストなど、MV撮影にも使われている場所のようです。

◆所在地:〒292-0818 千葉県木更津市かずさ鎌足2丁目4

太田山公園の駐車場

拉致現場の階段のある駐車場には、太田山公園の駐車場が使われていました。

ここでの撮影については放送前からSNSで話題になっていたようですね。

太田山公園は駐車場や展望台など、各施設が「相棒」「ギルティ」などのロケ地として使われています。

◆所在地:〒292-0044 千葉県木更津市太田2丁目16

まとめ

ドラマ「レッドアイズ監視捜査班」第1話のロケ地ですが、主に横浜市内で撮影されていました

横浜市は市を挙げて制作活動を支援しているため、横浜はドラマのロケ地としてよく選ばれていました。

レッドアイズでは、物語内で出てくる土地やロケ地で本当に撮影しているシーンが多いです。

今後も横浜の観光スポットが起用されるのか、ロケ地にも注目ですね♪

スポンサーリンク
error: Content is protected !!