生活

子供のテレビが近い!悩みを先輩ママから学ぶ5つの対策とは?

好きなアニメを見ていると、いつのまにか近づいて見ている我が子。何回注意しても、気づくとまた近づいている。

はぁーもう、どうしたらいいの?というお母さんは多いはず。

特に言葉で注意してもまだよく理解できない幼児だと、どうしたらいいのか?と頭を悩ませているのではないでしょうか?

うちの子は、注意すると、逆ギレしてくるプチ反抗期(汗)

そこで、子供をテレビに近づけない対策を調べてみました!

スポンサーリンク

テレビに近寄ってしまう5つの対策

ついつい好きな番組を見ていると、気がついたらテレビに近づいていて、何度も声をかけているのに元の状態に戻ってきてしまっているなんてことが多いですよね!

今回は、子供がテレビに近寄ってしまう事を5つの対策としてご紹介いたします!

  • 子供用のイスを用意する
  • テレビの前に人工芝を敷く
  • テレビをベビーサークルで囲む
  • テレビ台をハイタイプにする
  • 人感センサー搭載のテレビに買い替える

安い物から高価な物まであるので気になった物から使用してみて下さい♪

子供用のイスを用意する

子供専用のテレビ視聴椅子を用意してあげるこの方法。

椅子を買いに行く時に一緒に連れて行って、好きなものを選ばせてあげて、「今日からこの椅子に座ってテレビを見ようね。◯◯ちゃん専用だよ♪」などと言ってあげれば、喜んで座ってみるはず。

お約束として、この椅子に座らなかったらテレビを消すよ!などと注意しておけば効果もさらに上がるかもしれません♪

お約束の練習にもなって良いですよね!

子供の自主性を高めるのにも役に立つ方法ではないでしょうか?

テレビの前に人工芝を敷く

不快感を与えて、テレビに近づくと、嫌な思いをするということを覚えさせるということになります。

しかし、この方法はデメリットもあるので注意が必要です!

自然の芝生に対しても不快感を覚えてしまう可能性があり、また、手で簡単に剥がせるということを覚えてしまえば、効果はなくなると思われます。

ですが、百均にも人工芝生は売っていますので、4つの対処法の中では一番手軽で費用がかからないので、まずは試してみたいという方にはおすすめです。

テレビをベビーサークルで囲む

これは物理的にテレビに近づくことができない状態にするわけですね。

今時は、百均でもワイヤーネットなどを繋いでサークルを作ることが出来るかと思いますので、わざわざベビーサークルをもう一つ用意しなくても、試しに手作りしてみるのもいいのではないでしょうか?

作るのが大変(汗)という方は、上記を参照ください。

ペット用ゲージも大きいものなら、テレビを囲むのにちょうど良いサイズかもしれませんね♪

テレビ台をハイタイプにする

こちらも物理的に近づけない状態にすることになります。

ただし、こちらにもデメリットはあります。

ハイタイプのテレビ台は収納スペースが無いため、レコーダーを置きたい場合は専用棚を購入しなければなりません。

人感センサー搭載のテレビに買い替える

近づきすぎるとテレビ画面が消え、アラームが鳴る機能の付いたテレビが数年前からSONYより販売されてています。

BRAVIA LX900搭載「インテリジェント人感センサー」の[近すぎアラーム]または[視聴位置自動調整]というものです。

もし、テレビの買い替えのタイミング時期であるなら、こういうものも選択肢の一つかもしれませんね!

スポンサーリンク

子供がテレビを見る場合の適正距離はどのくらい?

そもそも、テレビを見る時の適切な距離とはどのくらいなのでしょうか?

調べてみたところ、シャープのコールセンターからのアドバイスというページで適切な距離の表示がありました。

サイズ高さ適正距離
32V型約40cm約1.2M
40V型約50cm約1.5M
43V型 約53cm約1.6M
49V型約61cm約1.8M
55V型約68cm約2.1M
58V型約72cm約2.2M
65V型  約81cm 約2.4M

引用:シャープの公式

テレビの長さの約3倍とされているようです。

正直、大人でも適切な距離で視聴出来ているかというと首を傾げる人も多いのではないでしょうか?

ご自宅のテレビのサイズを測ってみることをおすすめします。

また、子供のテレビ視聴で注意したいのが、適切な距離だけでなく、視聴時間です。

4時間以上の子ども(長時間視聴児)では4時間未満の児に較べ,有意語出現の遅れが高率であった(1.3倍)

また,子どもの近くでテレビが8時間以上ついている家庭(長時間視聴家庭)の子どもで有意語出現の遅れの率が高かった.
特に,長時間視聴家庭における長時間視聴児の有意語出現の遅れの率は短時間視聴家庭の子どもの2倍であった
地域によっては,長時間視聴児に言語発達全般の遅れが認められた.

引用:日本小児科学会

という記述がありました。

1日4時間以上見るのは、発育上よくないのがわかりますね。

なので、1日3時間以内がベストではないかと思います。

また、3時間続けて見るのではなく、30分おきに休憩を挟むなどの対応が必要ではないでしょうか。

スポンサーリンク

子供がテレビ近よってしまう対策ルール編

子供が大きくなれば対策だけだと突破されてしまい、イタチごっこ状態になる事もありますよね!

そんな方には、是非ルールなどを設けてみるのも一つの手になります。楽しみながら管理してしまえば親子関係も円満になること間違いなし!

スポーツのようなペナルティールールを決めてテレビ視聴させる

我が家で取り入れようと思っているのがこの方法になります。

そのルールとは、テレビに近づいて見ていたらイエローカード。

ホイッスルのような笛も使って、サッカーさながらに、「ピピッー!!」と笛を吹いて、イエローカードを子供に見せます。

そのイエローカードが3枚になった時点でテレビは即消し、その日1日テレビは見れないというルール。

ただし、反抗してくることも考えられるので、その対策として、お手伝い3回したら、またテレビ視聴を許可する!という逃げ道も作ってあげます。

ゲーム感覚でルールを守らせる方法なら、いけるかもしれまけんね♪

スポンサーリンク

まとめ

子供がテレビ近よってしまう5つの対策

  • 子供用のイスを用意する
  • テレビの前に人工芝を敷く
  • テレビをベビーサークルで囲む
  • テレビ台をハイタイプにする
  • 人感センサー搭載のテレビに買い替える

子供がテレビ近よってしまうルール編

  • スポーツのようなペナルティールールを決めてテレビ視聴させる

子供がテレビに近づきすぎていると、近視になるんじゃないかと、心配になりますよね!

大切なお子さんの健康を守るために、この記事を参考にしてもらえたら幸いです♪

スポンサーリンク
error: Content is protected !!