2021ドラマ

「消えた初恋」タイトルの意味は?ドラマに込められた思いについても考察!

オシドラサタデー枠で放送されているドラマ「消えた初恋」は、勘違いから始まる男子高校生の恋愛模様を描いています。

「消えた初恋」というタイトルはとてもインパクトがありますよね。

タイトル名から、悲しくて切ないストーリーを想像したかもしれません。

タイトルにどのような意味が込められているのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回は「消えた初恋」のタイトルの意味やドラマに込められた思いについて紹介させていただきたいと思います。

この記事でわかること

  • 「消えた初恋」タイトルの意味
  • 「消えた初恋」ドラマに込められた思い
  • 「消えた初恋」ツイッターの反応
スポンサーリンク

「消えた初恋」タイトルの意味とは?

「消えた初恋」というタイトルは原作者のひねくれ渡さんがパッと思いついたものだと明かしています。

それを聞いた担当者の方もストーリーに合ったキャッチーなタイトルだと太鼓判を押したそうです。

とても印象に残るタイトルで、どのようなストーリーなのか気になりますよね。

「消えた初恋」というと単純に失恋したんだろうなと思いますが、それだけではなく様々な意味があるようです。

「消えた初恋」は主人公の青木が恋する女の子・橋下さんに失恋するシーンから始まります。

ですから初恋はあっけなく消えてしまうという意味がタイトルに込められていると考えられます。

また、「消えた初恋」は自分の気持ちを勘違いされ相手の気持ちを勘違いすることによって物語が進行していきます。

たとえば、物語の序盤で青木は橋下さんの消しゴムに「イダくん♡」と書かれていたことから橋下さんが恋する相手を知り失恋します。

でも後に橋下さんの好きな相手が井田ではなく相田だということが発覚します。

橋下さんが「アイダくん♡」と書いた消しゴムは使っているうちに「イダくん♡」になってしまったというわけです。

橋下さんの恋心が消しゴムによって消されたこともタイトルの意味に含まれているのですね。

好きという気持ちが誤解されたりなかったことにされるのも「消えた初恋」というタイトルに繋がっているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

「消えた初恋」タイトルの意味とは?ドラマ名に込められた思い

「消えた初恋」というタイトルからは切ない印象を受けるかもしれません。

ですが、漫画同様ドラマにおいても登場人物の一喜一憂する様子が面白おかしく描かれていることから明るく爽やかな作品になっています。

特に若者はストレートに思いを表現することが苦手ですから、ちょっとした勘違いによってあっけなく恋が消えていくことを意味したタイトルになっているのではないでしょうか。

「消えた初恋」というドラマ名は、”消えてしまった初恋”を悲観的に捉えるのではなく楽観的に捉えてほしいという思いが込められていると推測します。

漫画の明るくて楽しい雰囲気がドラマにも生かされ、登場人物の失恋や勘違いによって起こるドタバタを面白く描いているのが作品の魅力だと思います。

スポンサーリンク

「消えた初恋」タイトルの意味とは:ツイッターの反応

物語が進むにつれ「消えた初恋」というタイトルの意味が理解できたという意見が多くありました。

タイトルから切ないストーリーを想像していた方もいるようですが、実際には「切ないけれど面白い」と思っている方が多いようです。

切なさを上回る面白さがあるということではないでしょうか。

「消えた初恋」というタイトルには視聴者の想像力をかき立てる様々な工夫がなされていますね。

いろいろな意味があるんだと考えなから観ると楽しいかもしれませんよ。

スポンサーリンク

「消えた初恋」タイトルの意味とは?ドラマ名に込められた思いまとめ

「消えた初恋」タイトルの意味やドラマに込められた思いについて紹介させていただきました。

「消えた初恋」タイトルの意味まとめ

  • 初恋はあっけなく消えるものだということ
  • 勘違いによって初恋が消える、なかったことにされる
  • 消しゴムによって消された橋下さんの恋心
  • ドラマに込められた思いは、失恋を楽観的に捉えて欲しい

みんなが幸せになる結末を期待したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!