2021ドラマ

彼女はキレイだったのタイトルの意味とは?本当の意味が衝撃?

彼女はキレイだったのタイトルの意味とは?本当の意味が衝撃?

タイトルが「キレイ”だった”」と過去形になっている点に疑問を持ち、詳しい意味を知りたい方も多いのではないでしょうか。

実はこのタイトルにはそのままの意味でだけでなく「隠された意味」がある可能性が高いです。

今回は人気ドラマ『彼女はキレイだった』のタイトルの意味や、そのタイトルが語る物語について考察していこうと思います!

スポンサーリンク

彼女はキレイだったとは?

『彼女はキレイだった』は、2015年に韓流トップスターのパク・ソジュンさんが主演を務め、注目を集めたドラマです。

2016年には「韓国放送大賞」でドラマ賞を受賞しました。

「韓国放送大賞」とは1973年から開催されている、視聴者に喜びと感動を与えた番組とその放送関係者の努力を称え、創作意欲を鼓舞させるための輝かしい賞です。。

『彼女はキレイだった』は幼い頃は美少女であったものの、現在は容姿も内面も残念な女性へと変わってしまったヒロインと、幼い頃は太っちょでダサかったものの、現在はイケメンエリートに成長した主人公が、初恋の相手であるお互いに再会して始まるストーリーを描いたラブコメディーです。

2021年にはSexyZoneの中島健人さんと小芝風花さんで日本版『彼女はキレイだった』の放送が開始されるなど、その人気は健在です。

スポンサーリンク

彼女はキレイだったの意味とは?タイトルが語る物語とは?

彼女はキレイだったの意味は、公式でも公開されていませんでした。

「彼女はキレイだった」の意味は、「昔、綺麗だった彼女は今は綺麗ではない」ということだと考察いたします^^

彼女はヒロインのことを指していれば辻褄が合いますよね♪

昔は綺麗だったのにどうして綺麗ではなくなってしまったのでしょうか?

また、「彼女はキレイだった」というのは誰の気持ちなのでしょう?

あらすじを基に考察していきます!

スポンサーリンク

彼女はキレイだったのあらすじ

ヒロインである佐藤愛は求職中でバイトをしているのですが、28歳の誕生日にそのバイトすらクビになってしまいます。

今ではすっかりダサい容姿になってしまった愛はかつて、クラスで一番の美少女でした

愛には、長谷部宗介という初恋の相手がいるのですが、子供の頃の彼は太っちょで気弱なことからいじめられっこだったのです。

それでも愛は宗介の優しいところが大好きで、宗介も同じように愛のことを想っていました。

しかし宗介はアメリカに引っ越してしまい、大人になるまで二人は会っていません。

ある日宗介から「帰国するから会いたい」というメールが届きます。

久しぶりの再会に喜ぶ愛でしたが、待ち合わせ場所にいた宗介は昔と違ってイケメン成長しており驚きます。

かっこよくなった宗介を見て、愛は今の自分を見せるわけにはいかないと、親友の梨沙に自分のフリをするように頼みます。

愛のフリをした梨沙は、頼まれたとおり「イギリスに留学する」と宗介に告げるのでした。

それは、宗介の中にある愛の思い出を壊さないため。

その後、愛はひょんなことから大手出版社で働くことになるのですが、そこに現れたのは、副編集長の長谷部宗介だったのです。

この時点で宗介は、愛が昔の初恋の相手であるとは気づいていません。

愛が自分の初恋相手である美少女だったということに気づいた時、「彼女はキレイだった」と思うかもしれませんね!

ただ、このドラマのタイトル『彼女はキレイだった』はそれだけではない可能性があるのです。

公式からは特に情報がありませんでしたが、本記事では、ヒロインである愛が自身の過去を思い出しているということなのではないかと推測します。

綺麗な自分になるためにはどうしたらいいかを考え、行動していくというのがドラマの軸になっており、

彼女は綺麗だった韓国版のあらすじ

実際、オリジナル(韓国版)ドラマでは、アメリカに戻ることになった主人公・ソンジュンに付いていくことになったヒロインは、恋人もでき、以前の自分よりも綺麗にはなっているはずでした。

しかし鏡をみて、「私、キレイじゃない」と思うのです。

主人公と再会するまでのヒロインは自分に自身がなく、久しぶりに再会する時も親友に代役を頼むほどでしたよね。

子供の頃の美少女であったヒロインであればそんなことはしないでしょう。

ヒロインは主人公との再会で少しずつ綺麗さを取り戻しつつありましたが、初恋の相手である主人公に付いていくだけでは、まだ綺麗になりきれてないと考えたのです。

そんな彼女が綺麗になるためにある行動を起こし、最終的に本当の綺麗さを取り戻すというのがこのドラマの展開でした。

日本版は少し違う展開になる可能性はありますが、同じような意味が込められていると考えていいでしょう。

スポンサーリンク

彼女はキレイだったの意味についてツイッターの反響

『彼女はキレイだった』のタイトルの意味について、以下が視聴者の反響です。

タイトルの意味を知った視聴者は、全体的に好印象を受けているようです。

タイトルの意味が深い」という意見が目立ちました。

また、本記事で考察したものとは別に『彼女はキレイだった』のタイトルは「彼女は綺麗ではなくなったかと思ったが、やっぱり綺麗だった」という主人公の感情を表していると、解釈している視聴者もいました。

このことからも、主人公がヒロインを見て「綺麗ではなくなってしまった」とがっかりするというネガティブなものだけではないと分かりますね。

『彼女はキレイだった』のタイトルに隠された意味の有無や内容については、制作者にしか分かりませんが、どちらが正解でも納得できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

彼女はキレイだったの意味まとめ

・「彼女はキレイだった」の意味は「昔、綺麗だった彼女は今は綺麗ではない」

・「彼女」というのはヒロインのこと

・「彼女が綺麗ではなくなった」と思っているのは、ヒロインと再会した主人公だけでなく、過去の自分を思い出しているヒロインも含まれている可能性が高い

『彼女はキレイだった』のタイトルは文字通り「今は綺麗ではなくなった」ということだけを表すと思っていましたが、隠された意味がある可能性を知って、ドラマタイトルにセンスを感じました。

現在放送中の日本版『彼女はキレイだった』でそのタイトルの意味が明確になることを期待したいですね!

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!