2021ドラマ

彼女は綺麗だったの監督や脚本は?プロデューサーやスタッフなどまとめ!

7月クールのドラマ「彼女は綺麗だった」の監督や脚本、プロデューサーなどスタッフ監督を担当しているのは誰でしょうか?

「彼女は綺麗だった」は中島健人さん演じる毒舌副編集長・長谷部宗介が小芝風花さん演じる地味女子・佐藤愛と16年ぶりに再会し繰り広げるラブコメディです。

ドラマのキャストも豪華ですが、スタッフにも注目が集まっています。

スタッフを知ることでドラマを一層楽しめるはずです。

今回は「彼女は綺麗だった」の監督や脚本、プロデューサーなどのスタッフ監督、ドラマを作り支えている方々は誰か?について紹介させていただきます。

スポンサーリンク

彼女は綺麗だったの監督は誰?

「彼女は綺麗だった」の公式ホームページには監督の表記はありませんでした。

「彼女は綺麗だった」では3名がプロデューサーを担当し、3名が演出を担当しています。

監督や演出家、プロデューサーの役割はほぼ同じで、どう呼ばれるかだけの違いです。

つまり演出家がいれば監督が不在の場合も珍しくありません。

最近では監督と演出の両方を兼任するスタイルも増えてきたそうです。

そしてチーフプロデューサーが製作責任者と呼ばれる立場の人です。

今作ではプロデューサーの萩原崇氏が代表としてコメントしていることからも、萩原氏が制作責任者と考えるのが妥当でしょう。

「彼女は綺麗だった」の脚本家は誰?タイトルに込められた意味は?に続きます。

スポンサーリンク

彼女は綺麗だったの脚本家は誰? タイトルに込められた意味は?

「彼女は綺麗だった」の脚本を担当するのは清水友佳子さんと三浦希紗さんです。

清水友佳子さんはこれまで連続ドラマ「夜行観覧車」「わたし、定時で帰ります」、朝ドラ「エール」、アニメ「イタズラなKiss」などの人気作品の脚本を手掛けてきました。

清水氏が脚本を担当した作品は温かい気持ちになると、実力が高く評価されています。

そして三浦希紗さんは「ギルティ」「あの子の夢を見たんです」などの脚本を手掛けてきました。

フリーライター出身の三浦氏は7月4日に放送がスタートした「僕の殺意が恋をした」の脚本も手掛けています。

現在注目されている脚本家の1人ですね。

タイトル「彼女は綺麗だった」に込められた意味は推測として2つあります。

1つ目はヒロインの愛が子供時代は美少女だったのに、現在は地味で冴えない外見になってしまったことから「綺麗だった」と過去形になっていると考えられます。

2つ目はヒロインの「内面が綺麗だった」という意味が込められた可能性が考えられます。

地味で消極的なヒロインが成長し夢を叶える過程が描かれていることから、外見よりも美しかったのは内面だったという意味が込められていると考えることができます。

「彼女は綺麗だった」プロデューサーとスタッフは誰?に続きます。

スポンサーリンク

彼女は綺麗だったのプロデューサーとスタッフは誰?

プロデューサーとスタッフは誰?①:萩原崇

1人目のプロデューサーは萩原崇氏です。

萩原氏は2004年に関西テレビ放送に入局し、2014年に東京コンテンツセンター制作部へ異動されました。

2015年7月期「HEAT」を初プロデュースし、以降「お義父さんと呼ばせて」「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」「シグナル」など多くの人気作品を手掛けてきました。

プロデューサーとスタッフは誰?②:芳川茜

2人目のプロデューサーは芳川茜氏です。

芳川氏はTHKのドラマ「リカ」、「リカ~リバース~」を手掛けました。

プロデューサーとスタッフは誰?③:渋谷英史

3人目のプロデューサーは渋谷英史氏です。

渋谷氏は岡村隆史さんが主演した映画「半径1メートルの君~上を向いて歩こう~」のプロデューサーを務めました。

プロデューサーとスタッフは誰?④:紙谷楓

「彼女は綺麗だった」の演出家1人目は紙谷楓氏です。

紙谷氏は岡村隆史さんが主演した映画「半径1メートルの君~上を向いて歩こう~」の監督を務めました。

プロデューサーとスタッフは誰?⑤:木下高男

2人目の演出家は木下高男氏です。

木下氏はドラマ「お見合い結婚」「ファイティングガール」「M 愛すべき人がいて」のチーフディレクターを務めました。

数多くのヒットドラマのディレクターを務めたキャリアがあります。

プロデューサーとスタッフは誰?⑥:松田祐輔

3人目の演出家は松田祐輔氏です。

松田氏は「婚カツ!」「ハチミツとクローバー」「コード・ブルー~ドクターヘリ救急救命」の演出を手掛けた経験があります。

プロデューサーとスタッフは誰?⑦:橋本由香利

「彼女は綺麗だった」の音楽を手掛けるのは橋本由香利氏です。

橋本氏はミュージシャン、作詞家、作曲家として活動されています。

連続テレビ小説「なつぞら」の音楽も手掛けました。

スポンサーリンク

彼女は綺麗だったの監督や脚本は?プロデューサーやスタッフなどまとめ!まとめ

今回は7月クールのドラマ、「彼女は綺麗だった」の監督、脚本、プロデューサーなどのスタッフ担当が誰か紹介させていただきました。

「彼女は綺麗だった」の脚本は清水友佳子さんと三浦希紗さん、プロデューサーは萩原崇さん、芳川茜さん、渋谷英史さん、演出は紙谷楓さん、木下高男さん、松田祐輔さん、音楽を橋本由香利さんが担当します。

それぞれキャリアのある方々が担当するとあって安心感がありますね。

 

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!