2021ドラマ

彼女はキレイだったの主題歌やOP曲は?エンディングや韓国版挿入歌も!

彼女はキレイだったの主題歌やOP曲は?

エンディングや韓国版挿入歌も!

Sexy Zone の中島健人さんと、女優の小芝風花さんがダブル主演を務め、話題を集めています。

イケメンエリートに成長した長谷部宗助と、優等生の美少女から残念な女子になった佐藤愛のすれ違う恋の行方を描いたラブコメディーです。

このドラマは、以前、韓国で放送された同名ドラマのリメイク版。

今回は、そんな日本版「彼女はキレイだった」の主題歌や、オープニング曲、また、韓国版の挿入歌についてまとめてみました。

スポンサーリンク

彼女はキレイだったの主題歌は?

「彼女はキレイだった」の主題歌は、2021年11月にデビュー10周年を迎える、 Sexy Zone の21枚目のシングル、「夏のハイドレンジア」に決定しました。

中島健人さんが主演を務めているので、ある意味、納得ですね。

この楽曲は、秦基博さんがこのドラマのために書き下ろした作品です。

ドラマのヒロインを都会の雨の中でも凛と咲く、アジサイの花に見立て、優しく包み込んでくれるような楽曲。

切なくも温かく、聞き終わった時に、幸せな気持ちになれるラブソングに仕上がっています。

このドラマでは、主題歌がエンディングテーマとして流れます。

主題歌の発売日は?

主題歌は、このドラマで主演を務める中島健人さんが所属するSexy Zone にとって、通算21枚目のシングルになります。

気になる発売日は、2021年8月4日です。

初回限定盤には、「夏のハイドレンジア」のミュージックビデオと、メイキング映像を収録。

さらに、特別企画映像も収録しています。

通常盤と全3形態を同時に予約すると、先着で、Sexy Zone の結成10周年を記念したオンラインファンミーティングへ参加することができるという特典があります。

また、A 4サイズのクリアファイル2枚プレゼントの追加特典もあります。

主題歌に込められた思い

ここでは、ドラマの主題歌に込められた想いをご紹介します。

楽曲を提供した秦基博さんは、ドラマの脚本を読んでから、曲を作ったとか。

秦さんいわく、「ハイドレンジアは、西洋アジサイのこと。雨の中でも懸命に咲く紫陽花をヒロインに重ね、そのヒロインを見つめる主人公の思いを歌にした」とのことです。

「主題歌を歌う Sexy Zoneの歌声が重なることによって、まっすぐで、等身大のラブソングに仕上がっていると思います」と、秦基博さんはコメントしています。

スポンサーリンク

彼女はキレイだったのOPは?

「彼女はキレイだった」のオープニング曲に、人気バンド、Aweaome City Clubの新曲、「夏の午後はコバルト」が起用されることが決定しました。

この曲は、Aweaome City Clubがこのドラマのために書き下ろしたもので、アップテンポな楽曲になっています。

作詞は、ボーカルの PORINさんが手がけたとのことです。

ポップな楽曲がラブコメディであるドラマの内容とよくマッチしています。

オープニング曲の発売日は?

「夏の午後はコバルト」は、ドラマの初日放送日と同じ、2021年7月6日火曜日に、リリースされます。

Aweaome City Clubがドラマのテーマソングを手掛けるのは初めてとのこと。

主題歌、オープニング曲ともに、有名アーティストの書き下ろしだなんて、このドラマ、気合が入っていますね。

オープニング曲に込められた思い

まず、タイトルについて、作詞を担当した PORIN さんは、「パッと、情景が浮かぶものにした。前向きで明るい楽曲にした」とコメントしています。

さらに、曲の聴きどころとして、「付かず離れずの男女のメロディーラインに、こだわりました。主人公の心情が前向きに変化していく様を感じ取ってほしい」と続けてコメントしています。

また、オープニング曲に込めた思いとしては、「日々頑張っている人たちの背中をぐっと押せるように、願いを込めて作りました」とPORINさんは、コメントしています。

スポンサーリンク

彼女はキレイだったの挿入歌はある?

日本版の「彼女はキレイだった」には、挿入歌の情報がありませんでした。

ですので、ここでは、韓国版「彼女はキレイだった」の挿入歌(サウンドトラック)をご紹介します。

韓国版の「彼女はキレイだった」は、パクソジュンさんと、ファンジョンウムさん主演のラブコメディです。

彼女はキレイだったの韓国版挿入歌①ドキドキ

この曲は、軽快ではつらつとした元気が出る曲です。

歌っているのはキムミンスさんです。

彼女はキレイだったの韓国版挿入歌②もう一歩

リズミカルなメロディーと、歌手、キヒョンさんの美しい歌声が印象に残る曲です。

彼女はキレイだったの韓国版挿入歌③気づかないみたい

この曲は、ハスキーなソユさんの歌声と、 brother SUさんの歌声のハーモニーがクセになる曲です。

彼女はキレイだったの韓国版挿入歌④君だけだ

この曲は、ヒロインの主人に恋をしたシニョクのテーマソングで、チェ・シニョクさんご本人が歌っています。

彼女はキレイだったの韓国版挿入歌⑤長い道のり

この曲は、ソジュンさんのテーマソングで、演じたソジュンさんご本人が歌っている、バラードです。

スポンサーリンク

彼女はキレイだったの主題歌やOP曲は?エンディングや韓国版挿入歌も!まとめ

今回は、7月クールのドラマ「彼女はキレイだった」の主題歌や、オープニング曲、また、韓国版の挿入歌について、ご紹介しました。

主題歌は、主演の中島健人さんが所属する Sexy Zoneの新曲、「夏のハイドレンジア」で、秦基博さんがこのドラマのために書き下ろした楽曲。

また、オープニン曲は、Aweaome City Clubの「夏の午後はコバルト」で、こちらも、このドラマのために書き下ろした作品。

主題歌も、オープニング曲も、アーティストにの書き下ろしなんて、素晴らしいですね。

ドラマのストーリーと共に、劇中に流れる楽曲にも注目していきましょう。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!