2021ドラマ

「漂着者」ローゼンの正体は何者?能力が戻った先には何がある?

「漂着者」第5話ではヘミングウェイが祈りを捧げる動画を見た人たちが憑りつかれたように異常な行動を起こします。

そしてヘミングウェイが少しずつ過去の出来事を思い出すようになります。

進化を続けるヘミングウェイの能力が完全に戻った先には何があるのでしょうか?

また、次々に起こる事件に関与しているとされるローゼンは何者なのか、その正体についても気になるところです。

今回は「漂着者」ローゼンの正体は何者?能力が戻った先には何がある?と題して考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

ローゼンの正体は?琴音と関係はあるの?

ロシアの秘密組織と繋がるローゼンと琴音はお互いに協力しながらヘミングウェイの能力を探ってきました。

「預言者様」としてひたすらヘミングウェイを慕っていた琴音とは対照的に、ローゼンはヘミングウェイをとことん利用してやろうという黒い部分が見え隠れします。

これまでもローゼンは様々な事件を起こすことによってヘミングウェイの能力を試してきました。

彼が児童誘拐事件の黒幕であることは間違いないでしょう。

ローゼンがヘミングウェイの能力を利用する目的は何でしょうか。

自分が何者かわからず思い悩むヘミングウェイに対して「そのうち話す時が来ます、準備が必要なんです」と言っていたことから、ローゼンは彼が大事なことを思い出すまで真実を話さずに見守るつもりでいるのかもしれません。

おそらくヘミングウェイの能力を世間に示すことで彼を神のように崇める信者を増やしたいのでしょう。

もしくはローゼン自身もヘミングウェイと同じく第6感を持つ民族の子孫だという可能性があります。

もし彼が第6感を持っているなら先回りしてトラブルを回避する行動についても納得できます。

どんな時でも笑みを浮かべて冷静でいられるのもすべてを見透かしているのかもしれませんね。

彼がヘミングウェイを守ろうとする立場なのか、それとも利用する立場なのか気になるところです。

「漂着者」第6話でヘミングウェイがローゼンの正体を探ろうとするのですが、真相を聞き出すことはできるのでしょうか。

スポンサーリンク

取り戻される記憶

ヘミングウェイは琴音との出会いによって少しずつ記憶を取り戻すようになりました。

自身が大勢の人に見守られながら崖から海に飛び込んだことを思い出したようです。

また、ヘミングウェイが柴田の娘について思い出すという予想外な展開が待ち受けています。

柴田の娘ひかりちゃん失踪事件との関係は?

柴田を海辺に呼び出したヘミングウェイは唐突に「お嬢さんにお会いしたくありませんか?」「12年前、あなたが見失ったひかりちゃんですよ」と言います。

ヘミングウェイの想定外な発言に柴田は顔色を変えて「お前なんで知ってんだ?」と言います。

「最近少しずつ思い出してきているんですよ」と言うヘミングウェイに対して柴田が「それとひかりとどう関係があるんだ!?」と怒りを露わにします。

そしてヘミングウェイは憑りつかれたようにひかりの声で「パパ、どこ?」と言い、錯乱した柴田が叫び声を上げます。

12年前に公園のベンチに座っていた娘のひかりちゃんは、柴田が電話している間に姿を消してしまい現在も行方不明のままです。

ここで気になるのは「思い出した」というヘミングウェイのセリフです。

未来を予言することはできても過去については思い出せなかったヘミングウェイは、最近少しずつ大事なことを思い出すようになりました。

その戻ってきた記憶の中にひかりちゃんの失踪事件があるというのはどういうことでしょうか。

それはつまりひかりちゃん事件にヘミングウェイの組織が関与しているということでしょう。

ひかりちゃんが姿を消した時も柴田が目を離したのは短時間のようでしたし、周辺を探し回っても見つけることはできませんでした。

そのことから犯人は柴田が目を離したほんのわずかな隙を狙ってひかりちゃんを車で誘拐したのだと考えられます。

今後ひかりちゃん事件の真相についてもヘミングウェイが明言する可能性があるので注目したいですね。

スポンサーリンク

進化する能力

ヘミングウェイの能力は人々に大きな影響を与えるようになりました。

彼が祈りを捧げる動画を見て危険な行動に走る人が続出するという不可解な現象も起きます。

祈り動画に洗脳効果?

ヘミングウェイが失踪した園児の無事を願って祈りを捧げる動画を女子高生3人組がアップします。

すると動画を視聴した人たちが自殺したり事故に遭ったり、他人に危害を加えたりするようになります。

どうやら動画を見続けると何かしらのメッセージが聞こえてくるようです。

相変わらずインチキだと馬鹿にしていた柴田も自分を呼ぶ娘の声が聞こえてしまい激しく動揺します。

祈りを捧げるだけの動画にこれほど多くの人が影響されることを不審に思った警察は、動画に特別な加工が施されているのではないかと疑います。

しかし専門家が調べたところ手が加えられていないことが判明し謎は深まるばかりです。

やはりヘミングウェイには人々を洗脳してしまうほどの力があるとしか考えられません。

失踪した園児13人の行方

ヘミングウェイは詠美に失踪した園児13人が「しあわせの鐘の家にいる」と話します。

そのことを詠美から聞いた柴田は上司の許可も取らず捜索に入ります。

しかし施設内をくまなく捜索しても園児たちは見つかりませんでした。

ローゼンは警察が帰っていくと不敵な笑みを浮かべ「彼らの目は節穴です」と言います。

そしてローゼンが蹴った地面から失踪した園児たちが乗っていた幼稚園のバスが見えます。

敷地内にバスを埋めてしまうという彼の大胆さには驚かされますね。

どうやら今回もローゼンが先回りして園児たちを琴音の邸宅へ移動させたようです。

異常行動を起こす人々

ヘミングウェイの祈り動画を見て異常行動を起こす人が続出します。

空を飛べると思い込んだサラリーマンの若い男性がビルの屋上から飛び降り、生徒から動画を見せられた教師が黒板に頭を強く打ち付けて死亡します。

動画はヘミングウェイがひたすら祈りを捧げているだけという内容です。

撮影して投稿したのも女子高生3人組ですし、特別な加工がされているわけでもありませんでした。

なぜ動画を見た人たちは憑りつかれたように衝動的な行動をとってしまうのでしょうか。

それはおそらくヘミングウェイの動画に催眠効果のような特殊な力が働いているのでしょう。

彼が人々に多大な影響を与えることがどのような結果に繋がっていくのか注目したいですね。

スポンサーリンク

まとめ

「漂着者」ローゼンの正体は何者?能力が戻った先には何がある?と題して考察してきました。

ローゼンがヘミングウェイを利用する目的については明らかになっていませんが、世間に彼の能力を示すことによって神のような存在にしたいと考えているのかもしれません。

ローゼンがどのような行動に出るのか、今後の展開からも目が離せませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!