2021ドラマ

「漂着者」女児連続誘拐事件の黒幕は誰?怪しい人物について考察!

「漂着者」第7話で誘拐された佐々木一課長の娘・一恵ちゃんは無事に保護されました。

ですがこれまで誘拐されたなかには殺害された女児もいました。

女児連続誘拐事件には共犯者がいるようなのですが、主犯として犯行を繰り返してきた黒幕が誰なのか気になるところです。

視聴者の間では黒幕として怪しい人物が誰なのか、考察が盛り上がっているようです。

「漂着者」も最終回が目前ということで、女児連続誘拐事件の黒幕について考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

漂着者の黒幕候補①深見龍之介

黒幕候補1人目・深見龍之介について見ていきましょう。

警察を挑発する深見住職

女児連続誘拐事件の黒幕として最も疑わしいのは警察を挑発する雲行寺の住職・深見龍之介です。

柴田刑事は誘拐された女児が発見された和菓子屋・嘴屋のまんじゅうが雲行寺に置かれていることや警察に対する挑戦的な態度から深見住職が犯人だと確信しています。

柴田刑事からアリバイについて尋ねられた深見住職は「早く答えると疑われる」「次に来られたときは嘴屋の毒まんじゅうを用意しておく」と発言するなど相変わらず挑戦的な態度です。

そして柴田刑事は佐々木一課長の娘・一恵ちゃんを誘拐した犯人が左足を引きずっていたことから深見住職を試す行動に出ます。

しかし深見住職は普通にスタスタと歩き、不敵な笑みを浮かべながら「寺をガサ入れしてみては」と言います。

柴田刑事は深見住職について「防犯カメラに写っているのを見越してわざと左足を引きずった」「奴は楽しんでる、捕まるか、逃げ切れるかを」と発言しています。

女児連続誘拐事件に深見住職が関わっていることは間違いないでしょう。

ですが深見住職は犯行を指示するなど操る側の人間だと考えられます。

ですから女児を誘拐して殺害した黒幕は他にいると考えられます。

ただし深見住職は事件をゲームと捉え警察を翻弄して楽しんでいるので、犯人としては非常に悪質ですね。

深見住職に心酔する嘴屋の大女将

一恵ちゃんを誘拐した主犯格は嘴屋(くちばしや)という和菓子屋の大女将・関川ふみでした。

柴田刑事は警察官の格好で左足を引きずっていたのがふみだということに気付き、声をかけたところ刺されてしまいます。

事の発端は新潟県の県鳥・トキがシンボルとなった和菓子屋・嘴屋で詠美が女の子の悲鳴を聞いたことでした。

小学生のランドセルや水着ばかりを盗んでいた前科がある嘴屋の息子・関川進が女児連続誘拐事件の容疑者として疑われます。

そして妙子ちゃんを殺害したと思われる犯人の車が嘴屋で発見されたことから進は重要参考人として連行されます。

その後、妙子ちゃんが嘴屋にいたことが事実であるものの殺害したのは進ではないことが判明します。

誘拐された一恵ちゃんも嘴屋で発見され無事に保護されます。

殺人未遂罪で取り調べを受けるふみは、柴田刑事が深見住職のことを悪く言っていたことが犯行理由だとしてうっとりした表情を浮かべます。

そして共犯者として深見住職の名前が挙がるとすべての犯行は自分がやったと言い出します。

どうやらふみは深見住職にひどく心酔しているようです。

女児連続誘拐事件についても深見住職に指示されて犯行に及んだ可能性があります。

深見住職は一恵ちゃんを誘拐した犯人が左足を引きずっていたことを知っていました。

ふみに犯行を指示したのが深見住職なら知っていて当然ですね。

スポンサーリンク

漂着者の黒幕候補②新谷詠美

次に黒幕候補2人目・新谷詠美について見ていきましょう。

詠美の生い立ち

詠美は幼少期に両親を自殺で失っていますが、その後の生い立ちについては明かされていません。

大人になり無事に新潟北陸新聞社に就職した詠美ですが、それまでどのような人生を送ってきたかについて不明です。

彼女が両親を亡くしたのはおそらく小学校低学年から中学年だと考えられます。

壮絶な人生を歩んできた詠美の生い立ちが明かされていないことが物語の重要なポイントになるかもしれません。

深見住職の共犯者は詠美?

両親を亡くした詠美が深見住職に引き取られた可能性があります。

というのも深見住職が執心するのは7歳から10歳くらいの女児です。

詠美が両親を亡くした当時もちょうどそれくらいの年齢ですから、深見住職が詠美を気に入って引き取った可能性も考えられます。

もしそれが事実なら詠美が共犯者である可能性は高いですね。

スポンサーリンク

漂着者の黒幕候補③野間健太

続いて黒幕候補3人目・野間健太について見ていきましょう。

野間刑事の怪しい言動

野間刑事はどんな凶悪事件が起きようともいつも冷静で、笑いをとる余裕さえあるところがサイコパスに見えます。

それから真面目に捜査に取り組んでいる一方で緊張感が足りない印象を受けます。

また、事件の重要な手掛かりを見つけるのが早いことも気になります。

柴田刑事の言いなりになっているようで陰で上手に操っているとも考えられますね。

キャラが個性的すぎるのも黒幕として疑われている一因です。

柴田刑事の気になる発言

柴田刑事は犯人について2度気になる発言をしています。

1度目は「今時の伏線回収しないドラマだったら、俺かお前が犯人だろうな」という発言です。

これは事件現場へ向かう車内で柴田刑事が野間刑事に向かって言ったセリフです。

この発言に対して野間刑事は「俺もっすか~」とふざけた調子だったことも怪しいですね。

2度目は佐々木一課長の娘・一恵ちゃんが誘拐され、必死に捜査に当たる柴田刑事のセリフです。

柴田刑事は「犯人は俺たちの思いもよらない場所にいるかもしれない、もしかしたらこの県警の建物の中かもしれない」と発言したのです。

この発言に対して野間刑事は大きく口を開けて非常に驚いた表情をします。

これはもう刑事が犯人であると示唆しているようなものですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「漂着者」女児連続誘拐事件の黒幕が誰なのか考察してきました。

女児連続誘拐事件の犯人として明らかに怪しい人物は深見住職ですが、黒幕は他にいるのでしょうか。

個人的には野間刑事が黒幕である可能性が高いと考えています。

とはいえ怪しい人物は他にもいるので誰が犯人であってもおかしくありませんね。

私たちの考察を裏切るどんでん返しはあるのでしょうか。

「漂着者」最終回を楽しみにしたいですね。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!