漂着者

「漂着者」詠美がまさかの犯人?女児誘拐事件の意外な黒幕とは?

漂着者で女児誘拐事件の黒幕が詠美だと考察されていました。

今回の第7話で捜査一課長の佐々木の娘が被害者となってしまい、物語は終わりに近づいています。

次々に怪しい人物が登場するなかで犯人説が急浮上したのは事件を追いかける新聞記者の詠美です。

なぜ、明らかに犯人ではなさそうな詠美が女児誘拐事件の黒幕ではないかという意見が出たのでしょうか?

そして詠美が犯人なら動機は何でしょうか?

今回は、漂着者の黒幕に急浮上した詠美が怪しい理由や動機などを考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

女児誘拐事件が再び発生!

「漂着者」第7話で捜査一課長・佐々木文雄の娘一恵が誘拐される事件が発生します。

一恵は小学校から下校途中に失踪したとのことです。

柴田は刑事の娘である一恵が誘拐されたのは警察への挑戦状だと怒りを露わにします。

防犯カメラを確認したところ、左足を怪我している警察官の格好をした人物が容疑者だということがわかります。

自身も娘を誘拐された柴田は佐々木に同情し、絶対に犯人を突き止めると捜査に乗り出します。

犯人は佐々木家の前に一恵のランドセルを置き、「佐々木家」と書かれた大量の紙をばらまくなど非常にたちの悪い人物です。

事件の犯人として怪しいのはローゼンや橋太ですが、無関係そうな詠美にも疑いの目が向けられているようです。

詠美が怪しい理由に続きます。

スポンサーリンク

詠美が怪しい理由

事件の黒幕として急浮上したのは新聞記者の詠美です。

詠美が黒幕として急浮上した理由は、原作者の秋元康さんが過去にプロデュースしたアイドルグループ出身の女優を自身が手掛けたドラマの犯人役にしてきたからです。

「あなたの番です」では乃木坂46に所属していた西野七瀬さん、「リモート殺人事件」ではAKB48に所属していた前田敦子さんに犯人を演じさせたことが大きな話題になりました。

今回も意外性を狙って犯人とほど遠いポジションにいる詠美が黒幕ではないかとの意見が多いようです。

ローゼンや深見、橋など怪しそうな人物を目立たせることによってあえて黒幕をわかりづらくしているとも考えられます。

もし詠美が犯人なら動機はいったい何でしょうか?

詠美の動機とは?に続きます。

スポンサーリンク

詠美の動機とは?

もし詠美が犯人なら動機は何か考察していきましょう。

警察関係者に恨み?

もし詠美が犯人だった場合、無実だった父親を逮捕した警察関係者に強い恨みを持っている可能性はあります。

詠美は父親の逮捕をきっかけに両親を自殺で亡くすという壮絶な体験をしています。

新聞記者になったのも父親の冤罪を証明したいとの思いがあったのでしょう。

警察が収賄事件についてもっとしっかり捜査してくれたら父親は逮捕されず両親を亡くすこともなかったと詠美が考えたとしても不思議ではありません。

佐々木の娘を誘拐したのは幼少期の自分と同じような辛い思いをさせたいと考えたのでしょう。

しかし詠美の性格を考えるとそんなひどいことを企むとは到底考えられません。

ただし両親の自殺によって大きなショックを受けた詠美が二重人格になったとしたらその可能性も捨てきれません。

詠美の共犯は野間?

もし黒幕が詠美だった場合、野間が犯行に協力している可能性があります。

野間は柴田と共に事件を捜査する刑事です。

とぼけた発言を繰り返して柴田に頭を叩かれてばかりいるのですが、こういった陽気でおちゃらけたキャラには裏の顔があると考えられます。

野間は詠美に好意を抱いているので指示があれば犯罪にも手を染めるでしょう。

詠美にとっても刑事である野間は使い勝手がいいはずです。

ですから詠美と野間が共犯だという可能性は無きにしも非ずですね。

どちらにしても女児誘拐事件の黒幕は意外な人物であると予想されます。

「漂着者」第8話では柴田が詠美に犯人について告げるシーンがあるのですが、想定外な人物の名前が挙がりそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は女児誘拐事件の黒幕として急浮上した詠美が怪しい理由や動機について考察してきました。

詠美が黒幕だった場合について考察してみましたが、凶悪事件を起こす動機としてはやはり弱いのではないかと思います。

もし詠美が犯人ならとんでもないどんでん返しで面白いですが少々無理があるかもしれませんね。

どちらにしても思いもよらない意外な人物が犯人だと予想します。

「漂着者」今後の展開を楽しみにしたいですね。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!