2021ドラマ

「ボクの殺意が恋をした」突然現れた柊の許嫁は何者?丈一郎なりの優しさなのか?

柊の許嫁は、かなり強めなキャラでした。

許婚がいたことを知らなかった柊は、かなり戸惑っています。

莉奈は柊のためにご飯を作ってくれたり、いろいろと尽くしてくれます。

悪い人ではないので、柊も受け入れようとしたのかなと思いました。

 

丈一郎はなぜ莉奈を許婚に選んだのか、ドラマを見ていて気になりました。

今後柊と莉奈が恋愛に発展する可能性について、考察していきます。

 

スポンサーリンク

突然現れた柊の許嫁・莉奈

6話で突然登場した許婚の莉奈。

最初は誰かわからなかった柊も、莉奈から話を聞くうちに思い出しました。

図々しい莉奈が、柊は正直苦手そうです。

 

莉奈が柊に渡した封筒の中には写真と、紙が入っていました。

その紙には『2人を結婚させることをここに誓う』と書かれています。

署名もあったので、正式な許嫁ですね。

 

莉奈は何者?

莉奈は東堂財閥の令嬢です。

とてもお行儀がよく、ちょっとだけ世間知らずなのも納得できる身分です。

その東堂家に、丈一郎は清掃業者として出入りをしていました。

丈一郎に柊がついて行った時莉奈と出逢っていましたが、柊は忘れていました。

 

その後莉奈の父は一族の争いに負けてしまい、財産を失ってしまいます。

去年亡くなった父は莉奈に、死んだら柊を頼るようにと伝えていました。

莉奈は遺産が無くなって困ったので、柊に会いにきました。

 

スポンサーリンク

柊を1人にしないために許婚を決めた?

莉奈が持っていた紙には、丈一郎と莉奈の父の署名とハンコがありました。

同封されていた写真の柊たちは小さく、その頃に丈一郎たちが許嫁に決めたはずです。

柊が許婚の存在を知らないのも仕方ないですね。

 

両親を亡くしている柊にとって、丈一郎は血が繋がってなくても大切な家族です。

丈一郎は殺し屋で、常に死と隣り合わせでした。

もし丈一郎がいなくなってしまっても、詩織がそばにいてくれます。

でも家族ではないので、柊は一人ぼっちになってしまいます。

丈一郎は柊が寂しくならないように、許婚を決めたのかなと思いました。

 

スポンサーリンク

葵とすれ違う柊は、莉奈と距離が縮まる?

葵が自分の意思で、計画に関わっていたことを聞いてしまった柊。

柊はまだ葵を信じようとしていますが、かなり怪しくなっています。

「私が虎丈一郎を殺した」という葵の告白動画が決定的でした。

2人のすれ違いは、時間が経つほど大きくなってしまっています。

 

第一印象は最悪だった莉奈ですが、今柊の一番そばにいるのは彼女です。

葵に裏切られた柊を、許婚である莉奈は支えるのではないでしょうか。

ずっと葵が好きだった柊も、今は信じられなくなっています。

柊が自棄になってしまわないか不安になってしまいました。

 

そんな時に莉奈が支えてくれたら、惹かれてもおかしくはありません。

柊には絶対に幸せになって欲しいです。

その相手が葵なのか、それとも莉奈なのか…

今後の展開から目が離せませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

ストーリーが進むほど、シリアスになってきました。

濃いめのキャラが多いドラマですが、莉奈は飛び抜けています。

どこか憎めないキャラだなと思いました。

 

丈一郎を殺したのは、本当に葵なのでしょうか。

怪しい部分が多いですが、決定的な証拠があるわけではありません。

犯人が葵ではありませんようにと願いたいです。

 

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!