2021ドラマ

アバランチの監督や脚本、プロデューサーやスタッフは?

2021年秋ドラマ・アバランチがフジテレビ系列にて10月にスタートします。

フジテレビと関西テレビ(カンテレ)においては、10月の番組改編で月曜夜10時にドラマ枠を設けるそうで、その記念すべき第1作となる本作アバランチは、相応に期待できる作品と見てよいのではないでしょうか。

そのアバランチなのですが、9月の現時点ではまだ然程詳しい情報は出回っておらず、ベールに包まれた部分が多いです。

内容としてはアバランチを名乗るアウトローな集団が巻き起こす、過激で痛快なドラマとのことですが、あらすじも不明の状態で、主演の綾野剛さんの素性もアバランチのメンバーであること以外はっきりとしていません。

制作陣の顔ぶれ(監督、脚本、プロデューサー、スタッフ)としては、下記の通りです。

監督いません。
脚本不明
プロデューサー安藤和久 岡光寛子 笠置高弘 濵弘大
スタッフ(演出)藤井道人 三宅喜重 山口健人

謎の新ドラマ・アバランチですが、この記事では現時点で判明している部分、特に監督、脚本、プロデューサー、スタッフ(演出)について、もう少し詳しく述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

アバランチの監督は誰?

監督はいません。代わりに3人の演出がいますが、監督を置かないというパターンはドラマあるあるです。

演出については後述します。

スポンサーリンク

アバランチの脚本家は誰?

脚本家が誰なのかは現時点では明かされていません。

また、本作はオリジナル脚本であり、タイトルのアバランチ(avalanche)は英語で雪崩もしくは何かが殺到することを意味します。

アウトローな集団アバランチが、雪崩のように現代日本に襲い掛かる、本作はそんな話のようにもイメージされるのですが、一体誰が脚本を書いたのか、気になるところです。

スポンサーリンク

アバランチのプロデューサーとスタッフは誰?

アバランチのプロデューサーとスタッフは誰?①安藤和久さん

安藤さんは関西テレビ東京支社制作局東京コンテンツセンターに所属するプロデューサーです。

過去に携わった作品をいくつか挙げておきます。

ドラマ

  • 結婚できない男 2019 チーフプロデューサー
  • お義父さんと呼ばせて 2016 プロデューサー
  • 黒蜥蜴 2015 プロデューサー
  • ブラック・プレジデント 2014 プロデューサー
  • グッドライフ 2011 アソシエイトプロデューサー
  • 白い春 2009 プロデューサー
  • 鬼嫁日記 いい湯だな 2007 プロデューサー
  • 結婚できない男 2006 プロデューサー
  • 鬼嫁日記 2005 プロデューサー
  • アットホーム・ダッド 2004 プロデューサー
  • マザー&ラヴァー 2004 プロデューサー
  • アルジャーノンに花束を 2002 プロデューサー
  • 花村大介 2000 製作
  • GTO GREAT TEACHER ONIZUKA 1998 プロデューサー
  • 学校の怪談R 1996 監督

当初は監督もなされていたようですね、プロデュースの面でもGTOや花村大介などの人気作品が目に留まります。

安藤さんが過去に手掛けた作品群を見渡すと、家庭的なテーマの作品が多い様にも思われます。

お義父さんと呼ばせて、マザー&ラヴァー、白い春などは当時見ていましたが、個人的にはどれも良作だったと思います。

アバランチのプロデューサーとスタッフは誰?②岡光寛子さん

岡光さんはカンテレのプロデューサーです。

元よりドラマプロデューサー志望でカンテレに入社したそうです、その後、バラエティー番組のADや宣伝部などの経歴を経て今に至ります。

ドラマ

  • エ・キ・ス・ト・ラ!!! 2020 プロデューサー
  • 姉ちゃんの恋人 2020 プロデューサー
  • TWO WEEKS 2019 プロデューサー

三浦春馬(故)さんが主演なされたTWO WEEKSは面白かったですね。

プロデューサーとしての経験はまだ浅いようですが、ドラマ制作への情熱はひとしおな様ですし、今後に期待出来るプロデューサーさんだと思います。

アバランチのプロデューサーとスタッフは誰?③藤井道人さん

藤井道人(みちひと)さんは、映画監督や脚本家をなされている方です。

日本大学芸術学部映画学科脚本コース卒業。

在学中から脚本や映像作品の監督などの活動を始め、2013年の映画「オー!ファーザー」で長編デビューしました。

作品例

ドラマ

  • 日本ボロ宿紀行 2019 監督
  • 向かいのバズる家族 2019 監督
  • 会社は学校じゃねぇんだよ 2018 監督
  • 100万円の女たち 2017 監督
  • 新宿セブン 2017 監督

映画

  • オー!ファーザー 2013 監督脚本
  • 全員、片想い 2016 監督
  • 新聞記者 2019 監督脚本
  • ヤクザと家族 The Family 2021 監督脚本

アニメ

  • 攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争 2021 監督

上記作品例の他にも、資生堂やAMERICAN EXPRESSなどのCM監督もなされており、幅広く活動されている様です。

元乃木坂の深川麻衣さんが主演された「日本ボロ宿紀行」は好きで見てましたね、良いドラマでした。

松坂桃李さんとシム・ウンギョンさんが主演された社会派サスペンス映画「新聞記者」では、第43回日本アカデミー賞・最優秀作品賞など多数の賞を受賞しています。

今年の映画「ヤクザと家族 The Family」では、本作アバランチ主演の綾野剛さんが主演で出演しており、再びタッグを組む形となりました。

ヤクザと家族~は面白かったですし、アバランチにも期待が持てそうです。

アバランチのプロデューサーとスタッフは誰?④三宅喜重さん

三宅さんはカンテレのプロデューサー、演出家、映画監督。

「阪急電車 片道15分の奇跡」で映画監督デビューしていますが、主にはドラマの演出として活動なされている様です。

作品例(特に表記のないものは演出)

ドラマ

  • 神様のいたずら(2000年) プロデューサー
  • 傷だらけのラブソング(2001年) プロデューサー
  • 僕の生きる道(2003年)
  • 僕と彼女と彼女の生きる道(2004年)
  • アットホーム・ダッド(2004年)
  • マザー&ラヴァー(2004年)
  • がんばっていきまっしょい(2005年)
  • ブスの瞳に恋してる(2006年)
  • 結婚できない男(2006年)
  • まだ結婚できない男(2019年)
  • 僕の歩く道(2006年)
  • 白い春(2009年)
  • まっすぐな男(2010年)
  • ブラック・プレジデント(2014年)
  • 銭の戦争(2015年)演出・プロデューサー
  • サイレーン 刑事×彼女×完全悪女(2015年)プロデューサー
  • 僕のヤバイ妻(2016年)演出
  • 10の秘密(2020年)演出・プロデューサー

映画

  • 阪急電車 片道15分の奇跡(2011年)
  • 県庁おもてなし課(2013年)
  • レインツリーの国(2015年)
  • 映画 ボクの妻と結婚してください。(2016年)

話題作、人気作が結構ありますね。

個人的には「僕の生きる道、僕と彼女と彼女の生きる道、白い春、銭の戦争、サイレーン、僕のヤバイ妻」などが面白かったと思いますし、記憶に残る作品となりました。

スポンサーリンク

アバランチ監督や脚本家,プロデューサーとスタッフまとめ

制作陣としては、やはり演出を務める昨今注目の人気監督・藤井道人さんが特に気になりますね。

なんとなくですが、本作は主演の綾野さんにとてもよく合いそうなイメージですし、藤井監督と綾野さんのタッグには期待しか湧きません。

予告動画という程ではないですが、綾野さん演じる羽生が「我々はアバランチ。10月18日、月曜夜10時、すべてが明らかになる。目撃せよ」というメッセージを送る動画も公開されています。

しかし、脚本は誰が書いたのでしょうね?、あらすじも不明だし、隠されると余計に気になることもあって、本作への期待も膨らむばかりです。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!